【いじってくる人の本音】男性に多い理由〜対処法17選|好き嫌いの判別も

誰でも気になる人に対して反応を確かめる行動は取るもので、今時の子はラインで返事が返ってくるかどうか?などを重視しますが、学校内では主にこうした方法で確認することが、最も安全で確実な方法となります。

自分の本音を隠し通しつつ、嫌われていないかどうかの確認も可能なこの方法は、とても便利で男性にとって利用価値の高い方法であることに間違いありません。

 

いじってくる人への対処法


有害度を考える

まずは、いじってくる人があなたに与える有害度を考えることで、「相手にすべきか?」「相手にしないべきか?」の基準となり、最も利口で有効的な判断ができることになります。

有害度とは、「相手にいじられること以外にも、相手のことを考えると夜も寝れないほどにイライラするのかどうか?」を知ることであって、相手のことを考えるだけでもイライラするような人物であれば、「相手にする必要はない」と判断すべきです。

例えそうした人に直接注意したところで、すでに相手の悪い部分ばかりが見えてしまっている心理状態の人間は、相手の悪い部分ばかりに注目することで、どんどんと嫌いな人物として認知するようになります。

こうした人はいっそのこと、「関わりを避ける」という大胆な選択をすることで、今後あなたが嫌な思いやイライラするなどの被害を避け、自分自身を守ることができます。

 

人格攻撃はしない

いじってくる人に対しては、はっきりとした態度か言葉で相手に伝えるのが一番の対処法となりますが、「相手のどこを嫌っているのか?」を明確にし、「相手に冷静に対処する」ことが重要です。

いじってくる人との関係を続けたいことに加えて、「いじってくることだけをやめてほしい」人にオススメの方法であって、はっきりと言葉で注意することが、あなたにとっても相手にとっても今後のメリットが最も大きい対処となるはずです。

例えば、「あなたは失言が多い人間だ!」と発言することは、まるで相手がダメ人間で良い部分が全くないかのような言葉となってしまい、相手を感情的にカッとさせる注意となってしまうのです。

相手にいじることを注意する際には、「あなたのいじってくる部分が嫌だ」と、嫌な部分を具体的に伝え、「そこの部分だけが嫌である」ことをしっかりと伝えることで、勘違いからトラブルへの発展を防ぐことができます。

 

二人で前進する

嫌なことを相手に伝えたいのであれば、一人で前進するより二人で前進するイメージを持つことで、より温厚に相手の欠点を指摘することができます。

二人で前進するとは、「あなただけが変われ」と伝えるのではなくて、「自分と一緒に変わろう」と伝えることであり、相手だけに変化を求めてしまうことは、時として相手の怒りを買ってしまいます。

そうではなく、「自分も悪い部分があるし、そういう部分は指摘してほしい」ときちんと伝えておくことで、二人で変わっていこうとの意思が相手に伝わり、温厚にその場を収めることができます。

また、もう1つのポイントとしては、普段から仲良くしてくれてる人であっても、遠慮なくしっかりと自分の気持ちを相手に伝えることであって、遠慮がちに伝えることは相手に気持ちが伝わらず、モヤモヤした気持ちが残ってしまう原因そのものです。

 

好き嫌いの判別方法


意地悪ないじりか

意地悪ないじりとは、例えば男性が初対面の女性陣の前であるのに対して急に、「お前はいつも〇〇ちゃんに夢中だもんな」などといじってくることであって、自分の評価を上げるためにも相手の評価を下げ、自分の手柄としたい時に見られるいじりであります。

意地悪な人は、相手にとって評価を保ちたいと思う場面や、ここは格好をつけたいと思う場面で、その本音とは真逆となるような発言をすることで、相手の評価を落とそうと必死です。

こうした人は、普段からあなたを見下しているのか、それとも好意的に思っていないからこそ邪魔をするのであって、自分よりも評価されることが気に食わないわけです。

だからこそ、他人の評価を下げることで自分の評価を上げようと心がけ、これもいつも通りのいじりだと主張することで、自分の無罪を証明しようとする人です。

 

好意的な態度が見られるか

普段から好意的な態度が見られるかどうかも重要なポイントで、目が合うと積極的に話しかけてくれるかどうか?とか、思いやりのある言動が見られるかどうか?に注目してみると、すぐに答えは出てきます。

好意的な態度でない場合は、あなたはストレスのはけ口とされている確率が高く、自分の気分次第で利用されている、どうでもいい存在なのかもしれません。

好意的な態度で普段から接してくれる人は、あなたも同じく自然と好意的な態度で接していくようになるため、自分自身が相手に対して親切心があるかどうか?の確認をすることも、的確な確認方法となります。

固定ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP