カラオケで歌わない人の心理|特徴や両方の主張〜歌わせる方法15選


優しさが辛くなる

「一曲でも一緒に歌おうよ」とか、「本当に歌わなくても大丈夫?」などの気遣いが、歌わない人にとってはとても辛くなる瞬間で、断ることに疲れてしまう人もいるほど、これは歌わない人にしか分からない辛さです。

中には「一緒に歌うのは大丈夫?」などの、細かな提案をしてくれる人もいるわけですが、これらも全て歌わない人にとっては苦しくさせる言葉ですし、あまりにもしつこく聞いてくる場合は、ありがた迷惑となってしまうことも。

カラオケで歌わない人の本音は、「本当に歌いたくない」気持ちがとても強く、決して周りに気を使って歌わない選択をしているわけではないので、こうした本音を知ってほしいと思うことは当然のことなのです。

もちろん優しさとして一度くらいは気にする必要はあるでしょうが、その一度の優しさで十分だと思うのがこちら側の主張です。

 

断った後に歌うのはもっと恥ずかしい

一度断った後の方が歌うことが恥ずかしくなる気持ちは、周りの注目度が上がってしまうことが大きく関係していて、歌おうよと勧められること自体に注目が集まるカラオケは、恥ずかしがりにとっては最悪の展開です。

周りも盛り上げようとしてくれたり、返事次第では楽しい演出を作ろうとしてくれいることもあってか、どうしてもイエスかノーの返事の間には周りの注目が集まってしまいます。

この気持ちも恥ずかしがりであったり、歌が苦手な人にしか分からない気持ちで、少しでも多くの人目を避けて歌いたい気持ちが強い人は、一度断るとどんどん歌う確率が減ってしまうことを理解して上げる必要があります。

世の中には断ることで、「ノリが悪い」なんて思う人も出てくるでしょうが、このタイプに対しては、「自分のノリを押し付けないで欲しい」と思ってしまうのも、カラオケで歌わない人あるあると言えます。

 

無理に連れてこられたので、絶対に歌わない

カラオケに無理に連れてこられたり、断りにくい雰囲気を作られて連れてこられた人にとっては、「無理に連れてきたんだから絶対歌わない」と思うことも普通のことで、何も不思議なことではありません。

これは無理に連れてくる人が悪いのであって、行きたくもない場所に連れてこられることは時間の無駄で、自分のプライベートな時間を無駄にしているだけです。

こちらに関しては連れてきた人が反省して欲しいくらいで、自分がカラオケが楽しいと思うからといって、相手も必ずしも楽しいと思えるとは限りません。

このパターンであった時のみ、つまらなさそうな態度を見せ続けることも、致し方ないことであるとの捉え方ができそうです。

 

上手に歌わす方法とは?


小さな要求から始める

これは相手をイエスと言わせる心理テクニックで、「フット・イン・ザ・ドア」と呼ばれるセールスマンや、詐欺師なども頻繁に使っているテクニックです。

まずは小さな要求からお願いすることで、相手にイエスと言わせれば次も同じようにイエスと言われる確率は高く、最終的には本当の要求にイエスと言わせることが主な狙いです。

カラオケの場合は、まずはワンフレーズでもいいので一緒に歌ってみることを提案したり、または全員で発言するワンフレーズを決めてしまうなど、とにかく一度でもマイクを持たせることが重要で、断ることない要求から始めてみましょう。

コツとしては、少しずつ要求レベルを上げていくことが非常に大事となるため、次はサビの部分だけを一緒に歌うなどの欲求をするのか、またはツーフレーズだけでも歌ってもらうことを要求し、とにかくイエスと言わせ続けることを重視しましょう。

 

違う方法を提案してみる

ただ歌って欲しいと要求するのではなくて、皆んなが楽しめて笑顔になれるような提案をするのもよく、自分が歌っていても注目を浴びない方法が最も好ましい方法となります。

例えば、ワンフレーズずつ歌って回していくゲームを提案し、最後のワンフレーズを歌った人が罰ゲームを受けるミニゲームは、多くの人がニコニコと笑顔になれる提案ですし、一人に多くの注目が集まるわけでもありません。

少しでも歌ってみると、「別に歌うことも悪くないな」と思えたり、「歌うことは楽しい」と思ってもらえるきっかけともなりかねないので、とにかく楽しい提案を考えてみることです。

もしもそうした提案が苦手な人は、ここで提案したミニゲームを早速取り入れてみるといいでしょう。

 

無理に歌わすことはNG


固定ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP