貧乏揺すりの心理的特徴9選

貧乏揺すりをしている人を見れば、どこか嫌な気持ちになる人も多いですが、貧乏揺すりをするという行動にしっかりと意味があるので、人は無意識のうちに貧乏ゆすりをしてしまうのです。

貧乏揺すりをする人は心に余裕がない証拠だ、なんていう人もいますが、人間の深層心理を見てみれば、貧乏揺すりをする意味はその時その時によって、様々な効果をもたらしてくれることが分かっています。

なぜ人は不愉快に思われる可能性があるのに、貧乏揺すりを止められないのでしょうか。

そんな貧乏揺すりの心理的特徴について、9個にまとめてみました。

ストレス解消

人間はストレス解消のためにスポーツをしたり、趣味に没頭したり、湯船でリラックスしたりと色々な方法を行います。

しかし貧乏揺すりは何故だか自分でも気付かない、ストレス発散の1つとなっているのです。

現状に不満を抱えて、何かしらやりたいことが出来ずに不満を持っている人は、溜まりに溜まったストレスが貧乏揺すりという形で現れ、多くのストレスを解消してくれます。

 

欲求不満に陥っている

先ほども言った通り、貧乏ゆすりをする人の中には、欲求不満を溜めこんでいる人が多いです。

それはストレスだけでなく、何らかの心が発しているサインだと思いましょう。

例えば性的な欲求が溜まっている場合、早く相手と寝たいと思う心の焦りから、貧乏揺すりをしてしまうことがあります。

他にも仕事が早く終わって欲しいという心の声が、貧乏揺すりという行動面に現れてしまうのです。

 

情緒不安定の場合も

あまりに貧乏揺すりが酷い場合は、ストレス以外にも、情緒不安定であるということが考えられます。

情緒不安定であると自分の心を安定化出来ずに、人に当たったり、どうしようもないことで怒ったりすることがあります。

貧乏揺すりをすることで、心に落ち着きを取り戻そうとしているのです。

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP