貧乏揺すりの心理的特徴9選

 

筋肉疲労のため

例えば長距離を全力で走りきった場合、足が震えてしまったという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

これは筋肉疲労のため、血液に酸素が不足しているので、酸素を促進するために無意識で足が震えてしまうわけです。

ですから筋肉を多く使った次の日に貧乏揺すりをしてしまう、といった可能性も考えられます。

 

完璧主義者が多い

貧乏揺すりをする人の中で多く見られるのが、完璧主義者が多いということです。

なんでもかんでも完璧にこなすことが第一と考えているので、結果的に相当なストレスを抱えこんでしまうようになるのです。

またこういった人は、仕事や家事育児を楽しんで行うということが出来ない人です。

もちろん仕事や家事育児は楽しいことばかりではなく、辛いこともありますが、やった後の達成感を味わうことも出来ます。

心理的には理想が高ければ高い人ほどストレス過多になり、貧乏揺すりが始まります。

 

貧乏揺すりの多くは無意識です

不安や緊張から逃れようとして防御本能が現れているのが、貧乏揺すりであると言われています。

自己防衛とは本人が気づかない無意識の行動ですから、癖づいてしまっている人は、改善することは非常に難しいといえるでしょう。

もちろん貧乏揺すりに気づいてから止めることは簡単ですが、貧乏揺すりを一切させないとなれば、日々の対策や他人の力が必要となる場合もあります。

また、貧乏揺すりには健康効果もたくさんあるということが分かっていますので、無理に止めようとはせず、誰も見ていない一人の空間ですれば、それは体の健康にも大きく繋がるのです。

関連記事

鼻くそを食べる人の心理的特徴7つ

爪を噛む人の心理的特徴8つ

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP