なぜか目立つ人と注目される人の決定的な違い10個|利点と欠点も説明

 

「一方」注目される人はこんな人


自信に満ち溢れた実力者

自信に満ち溢れた人はまず雰囲気からして全く別のものを持っていて、「この人は何かを成し遂げられそうだ」とか「一緒にいるとチャンスが転がってきそうだ」などと、希望を感じることができる人です。

自分が認めた将来凄い人になるだろうと思える人が注目されるのは当然のことで、相手の変化を感じ取ることで何かとポジティブな連想をしてしまうことも、自信に満ち溢れた実力者に見られる特徴です。

注意すべきは、ただ漠然とした自信や自分を高く評価している人と同じように捉えるべきではないことで、これは意識が高いだけの人であったり口だけは達者で行動が伴わない人であるため、注目されるよりは小馬鹿にされる人と言えます。

自信に満ち溢れた実力者が持つパワーは素晴らしいものがあり、話を聞くだけでもこちらのモチベーションが格段に上がってしまうなどの、相手にとってもメリットが大きい人こそが、今後も長々と注目されるような人物なのです。

 

もっと知りたい影がある

注目され続ける人は相手に「もっとこの人を深く知りたい」と思わせる影を持ち、決して自慢話をして自分の評価を上げようとするような人ではありません。

自分の評価を上げようと必死にアピールする人は、自分の魅力を長々と語ることで相手を不快に思わせてしまう傾向が見られますが、注目される人は相手の話を聞き出すことで自分の魅力を伝えない大きな違いが見られます。

そもそもどこか影がある人とは相手が好意的に思っているからこそ、「この人のことをもっと知りたい」と思えるわけですから、相手が好意的に思い続ける以上は注目され続けることで、何かと良好な関係を築きやすい人とも言えます。

影がある人は周りに流されない意志を持っていたり、ただ暗いだけではない魅力を掛け持つ人ですから、根暗や無口なだけである人とは全く違うとの認識を持つべきです。

 

そこにいるだけで絵になる

立っているだけで絵になる人とは、スタイルが飛び抜けて良かったり圧倒的な魅力を持つ容姿であるなど、絶賛されるイケメンや美人にのみ許された特別な表現です。

こうした人が注目されるのも当たり前のことで、地元で話題になったり芸能界で活躍することで大ブレイクを果たすなど、人はイケメンや美人には必ずといってもいいほど反応してしまう性質を持ちます。

イケメンや美人は顔のバランスが整っている特徴を持ちますが、これは遺伝子的にも健康的で自分の子孫を残すための本能的な選別方法でもあるため、世の中の人がイケメンや美人に目がないことは本能として組み込まれた自然現象なのです。

また、注目されることは期待の表れでもありますから、交際に発展できないかなどの思いから注目されやすいことも理由の1つとなります。

 

応援される何かを持っている

いつも応援される人や応援したくなる人とは、純粋に何か一つのことを成し遂げようと努力できる人であったり、自分に素直で相手の警告や自分の欠点を認めることができる人です。

応援される人は相手にとって心を許すことができたり、成功した喜びを共に分かち合える人であるため、常に注目し続けることで相手が弱音を吐くと助けてあげようとも思えるこのタイプは、自然と注目度が上がり注目される人物となります。

このタイプは自然と人気者になれたり多くの人から慕われる尊敬できる魅力を持ち、権力と実績を手に入れることで多くの人が尊敬できる人として認めることができる人なので、こちらも注目されるのはある意味当たり前のことです。

なぜか目立つ人の場合は応援される何かが足りていない一方で、素直に応援したいと思える人は多くの人からの期待と注目を乗せ、日々成長できる志を持つ人物でもあります。

 

存在感が素晴らしい

存在感がある人に共通することは「いつも心に余裕がある」「発言と行動が一致している」「個性的な雰囲気を持つ」などの特徴が見られますが、こうした人の一番の魅力は頼りになるような力強さです。

注目されるということは頼りになることも要因の1つであって、ブレない態度を見せ続けることは大きな信頼を寄せ、この人なら安心できるだろうと注目されることに繋がりやすいです。

逆に存在感がない人は目立ちたくても目立つことが苦手であったり、そもそも力不足で多くの人から必要とされていない人物なので、こうした人が注目されようとした結果が目立つだけで終わってしまうことはしばし見られることです。

存在感がある人は相手にとって「最終的にはこの人がいる」と心強い存在であるので、自然と注目度が上がっていく傾向が見られることは言うまでもありません。

 

「具体的に」前者と後者はどう違うのか?


固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 7月 22日
    トラックバック:注目される人になる |

アーカイブ

PAGE TOP