なぜか目立つ人と注目される人の決定的な違い10個|利点と欠点も説明

なぜか目立つ人と注目される人の決定的な違いは「関心と目につくの違い」であり、相手に常に関心を持たれるような魅力を持つ人は注目され続けることで、大きな成長を成し遂げることが可能です。

一方で目につくだけの人はただ目立っているだけなので、多くの人にとっては目立ちたがり屋である程度の評価に止まってしまい、今後に注目したいと思えるような魅力は持っていません。

見た目も下品で汚いと思われる人が悪い方向に目立ってしまうだけであるのに対して、魅力的で容姿も整った上品な人は注目されると表現すればより分かりやすく、基本的に注目される人というのはポジティブな意味を持ちます。

最初にもお伝えした通り、なぜか目立つとはネガティブな意味を込められていることが多くなるため、こうした人は嫌悪的な感情や不愉快と思われやすいことが、最大の欠点であると考えるべきでしょう。

また注目される人にも当然デメリットは存在し、少しのことで炎上したり嫉妬されることから噂を流されるなどの、魅力的だからこそのデメリットも存在することは確かなので、こちらも捉え方によっては苦労することが絶えない人とも言えるのではないでしょうか。

 

「つまり…」なぜか目立つ人にメリットはない?


なぜか目立つ人にもきちんとしたメリットがあることは明確で、特に目立ちたい気持ちが強く特別な自分をアピールしたい人ほど、このメリットは大きくなることが分かっています。

そのメリットとは「目立つことで承認欲求が満たされた」結果、目立つことで注目されることは自分にとっての大きな褒美となり、少しでも周りの気を引くことは自分にとって快感に感じれることです。

SNSで嘘をつく人が注目を浴びるために必死に物語を考えるのが良い例で、嘘松と言われるこの作り話は自分に注目を浴びることで、まるで自分の存在が認められたかのような快感に陥り、何度も繰り返し嘘をつくことで自分の存在を繰り返しアピールします。

一方でこちらの最大のデメリットは「行動がエスカレートしていく」ことにあって、さらに多くの人からの注目を得たいと大胆な行動に出てしまうことが、時として痛い人やバカだとの評価に繋がることも。

バカッターが炎上必須の動画をあげてネットで話題に度々なることは、さらに満たされたいという強欲がもたらした結果がであり、なぜか目立つ人に決して無関係ではないことでもあるのです。

 

「結論」注目されるには魅力が必要


多くの人から注目されたり関心されることは、多くの人が持っていない何かポジティブな魅力が必要で、逆にそうした魅力とは真逆のネガティブな要素を持つ人ほど目立ってしまうことが多くなります。

注目される人になるための最も簡単な方法は、人間力や人間性を磨いていくことが一番の近道であって、ここを磨くことは他にも想像以上の正の連鎖が期待できるので、ぜひ一度自分自身を磨くことを心がけてみましょう。

もちろん簡単にできることではありませんし、自分らしく自然と生きることが世の中を楽に生きることに繋がるのも事実ですが、常に目標を持ちつつ年齢と共に成長できる人というのは、今後も何かと注目される魅力を持ち続けます。

老害と言われる人と素敵なお年寄りと言われる人の大きな違いとは、一年毎に少しずつ成長していくことでついた決定的な差であることを考えると、誰でも素敵なお年寄りになりたいと思えるのではないでしょうか。

なぜか目立つ人が老害になるわけではありませんが、注目され続ける人が素敵なお年寄りになれる確率が高いことは、ここまでの性格傾向や特徴から見えてきた答えです。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

・自分に酔う人の深層心理|酔ってる人に見られる特徴と性格傾向15個

・叫ぶ人の心理とは?子供と大人の違い|注意の仕方と特徴について

・ヤンキーの心理〜性格傾向や武勇伝に憧れる理由とは?

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 7月 22日
    トラックバック:注目される人になる |

アーカイブ

PAGE TOP