クレバーな人が持つ魅力10個|特徴的な言動と参考例-そうなる方法

クレバーな人も全く同じで、「この人は上手く立ち回っていく人だ」と裏の顔がチラリと見えるものの、ピンチの時には助けたり逆に頼ってしまうような人間関係を構築できることは、憎みきれない賢さを持っている証拠です。

これは印象操作が上手である証拠とも言え、普段から自分の見せたいイメージを相手に与え続けることができたり、憎まれる人とはどういう人なのかを理解しているからこそ、ずる賢さが悪い方向には進みません。

また、相手が困っている時にはきちんと相手の話に耳を傾けたり、相手の気持ちになって物事を考えてくれることは、相手にとって恩ができたと内心思うわけですから、このタイプは恩を売ることが上手な人であるとの評価もできます。

 

win-winの関係を築ける

利口な人は相手が一方的に損するような提案やアドバイスをするのではなく、こちらも相手も利益が出るような提案をすることが得意で、こうした能力も上記で述べた憎めない性格に繋がります。

例えばお世話になってる先輩に手土産を渡すことで仕事がもらえることは、先輩にとっても手土産をもらえるメリットが生まれますし、自分にとっても仕事が増えるメリットが生まれます。

両者に利益がある提案ができるということは、柔軟な考えができることに加えて相手が何を望んでいるのか?を知れる人ですから、相手が今求めているものをリサーチする能力もクレバーな人は身につけています。

互いにとって利益となる関係を作り出すことは、長い付き合いや相乗効果を生むとも言われているので、世渡り上手で地位や権力を手に入れやすいことにも繋がってきます。

 

ピンチをチャンスに変える

非常事態であっても冷静にその場を乗り越えることができたり、自分にとっても相手にとっても納得できる打開策を考えれるクレバーな人は、どんなピンチをもチャンスに変えてしまう力を持ちます。

ピンチをチャンスに変えれる人は自分に自信を持っていて、どんな時でも「自分なら乗り越えられる」と焦ることなく冷静に対処法を考えることができる人です。

クレバーな人とは間違っても卑怯な人ではないので、ピンチが訪れると周りに相談できたり素直に意見を聞き入れることでその場を乗り切ります。決して責任転嫁や逃げ出すような卑怯者ではありません。

ピンチをチャンスに変えれる人は「一人で戦おうとはしない」人であることからも、頼り上手で頼られ上手な一面が人間関係を築き、何かと頼られることが多いことも魅力の1つです。

 

周りのために犠牲になれる

先ほどクレバーな人は卑怯な人ではないと述べましたが、周りのために犠牲になれたることは空気が読める証拠であり、自分一人がここで犠牲になると多くの人の助けとなる場面では、自ら損する役を買って出るクレバーさを持ちます。

可愛がられている先輩や可愛がっている後輩に対して、自分が犠牲になることはある意味先行投資であるとの捉え方ができるこのタイプは、相手に恩を売ることで自分のピンチに助けを求めます。

これは利口な人ほど取る手段であり、持ちつ持たれつの関係は自分が本当にヤバい時の助けとなり、世の中を上手く渡っていくことにも繋がっていくのです。

ただ自己中心的で嫌われる人とずる賢くて利口だと評価される人の典型的違いであり、未来では自分も助けてもらえるとのポジティブな捉え方ができることは、目先の利益のみを追ってしまうような失態を事前に防ぎます。

 

リスクマネジメントが得意

事前に想定されるリスクを管理し、自分に訪れるであろう最大の不利益をカバーできるこの能力は、管理職や経営者に絶対必要な能力として有名です。

そもそもリスクが想定できることは「最悪このようなケースが訪れる」と自覚し、そのリスクにおける影響や発生率などを計算できる人であるため、最終的にはそのリスクに最もふさわしい対応を取ることができます。

リスクマネジメントとは経営を支える仕組みのことですが、こうした分析ができる人は失敗を重ねることで大きく成長し、やがて大きな功績を収めることができる人の特徴です。

故にクレバーな人は昇進するほどその実力が開花していき、様々な仕事を任せれたり非常事態に対応できるといった信頼できる上司になりやすいとも言えます。

 

要領が良いと評判

要領とは効率よくできるまでの道しるべであり、その道のりをしっかりと計算できることは優先順位を知れたり、最終的な無理のない目標設定を立てることができます。

クレバーな人が持つ要領の良さとは、「取捨選択ができる」「時には周りに頼れる」「できることを理解している」3つであり、取捨選択ができることは最低限の必要なことが理解できているということです。

さらにできることを理解しているわけですから、物事をシンプルに難しく考えない癖を持っている人でもあって、まずは自分のできることから進めていくことが効率の良さを生むわけですから、クレバーな人ほど周りの期待を背負う立場となりがちです。

効率よく行うためにはまず「道筋」を知る必要があるため、目標から逆算することで最短のルートを探せることは、多くの人が羨む魅力となること間違いありません。

 

自分の強みを理解している

クレバーな人は自分の強みを理解しており、強みを最大限に生かすことが相手の懐に入り込むことを可能としたり、相手の心をくすぐるなどの結果を招きます。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP