クレバーな人が持つ魅力10個|特徴的な言動と参考例-そうなる方法

自分の強みを知るためには「自分を客観視」する必要があるので、「自分は周りよりもここが優れている…」と冷静に分析できることは、自分の魅力を最大にアピールし生かすことに繋がります。

強みとは自分が持つ嘘偽りのない長所なので、自分の長所を生かすことは個性として高く評価されることに加えて、その場その場で自分の最大の能力を発揮できる魅力が生まれます。

クレバーな人の場合、「自分は人付き合いが得意である」といった自分の強みを知っているので、どんな人に対しても自分という存在をアピールすることで、相手に好印象を残せる術を身につけています。

 

グループ構成が上手

一匹狼と呼ばれる人もいますが、クレバーな人はどちらかと言えばグループの中心となることで助け合い、そして自分が仲間外れにされないように上手く立ち回ることができる人です。

特に女性はグループを作ることで有名ですが、女性であっても自分が中心となって上手くグループを築いていくことは、影でグループを支える相談役だと評価されることも。

利口で賢いクレバーな人は「自分がどの立ち位置か?」を瞬時に理解し、「どうすれば自分が求められるのか?」を的確に分析できる性格なので、間違っても自分が悪い立場や責任を取らされる立場は回避できます。

ここがずる賢くとも憎むに憎めない一面であって、程よくトラブルに関わり決して深く足を突っ込まないこのタイプは、自分の中で踏み込んではいけないラインをきちんと理解しています。

 

自分のペースに持っていける

自分のペースを守れるからこそクレバーになれるのだとも考えられ、利口で賢く生きるためには常に心に余裕を持っていたり、どんな時でも自分のペースに持っていける心持ちが必要です。

誰でも自分に合ったペースがあるからこそ、様々な可能性を考えれたり趣味や仕事を続けることができるわけですが、自分のペースを間違えば精神的に辛くなってしまうのは良い例です。

どんな時でも自分のペースに持っていけるということは、「自分の土俵で闘わすことができる」わけですから、常に自分のとって有利で相手をコントロールするような状態を作り、必ず心に余裕ができます。

営業マンやショップ店員も全く同じで、自分の土俵に持ってこれる人こそが契約を勝ち取り、相手にとっても自分にとっても有意義となる情報や利益となる情報を提供できるのです。

 

クレバーな人になる方法


クレバーな人になるための2つの条件は、「謙虚な気持ち」と「向上心を持つ」ことであり、相手の良い部分を素直に認めることや今以上の自分を目指すことは、どんどんと人間力を高めていきます。

クレバーになれない人を例に挙げると分かりやすく、相手の良い部分を認めれないことは嫉妬することで陰口を叩いたり、グループ割れの原因となってしまうわけですが、これでは利口な人とは言えませんし世渡り上手とも言えません。

向上心を持たないことも全く同じく、やりたいことや目標を持たないことは成長を止めてしまい、ライバルと大きな差がついてしまう瞬間です。

いきなり利口で賢い人になれる方法など存在せず、「そういう雰囲気を演じる」ことは必ずボロが出ることで失望されてしまう要因なので、「謙虚な気持ち」と「向上心を持つ」の2つを強く意識し、実行していくことを心がけましょう。

クレバーと呼ばれる人も過去の様々な失敗や周りのミスから学ぶことで、どんどんと利口になっていく現状があるわけですから、あなたも一歩一歩焦らずに学ぶことができれば、誰でもやがてはクレバーになることができます。

 

馬鹿は最強ではない


「馬鹿は最強」「バカほど成功しやすい」と主張する人もいますが、本当のバカは自分が頭が悪いことにすら気づいていませんし、そもそもリスク管理などできる頭を持ちません。

ホリエモンは「馬鹿は最強」と主張する一人ですが、彼は「バカはリスクを取り、失敗を怖れない」と述べているので、しっかりとリスクを承知の上での行動であることがわかります。

つまり本当のバカになることはとても悲しい結末を迎える確率を高め、逆にクレバーになることはさらにメリットが多いことは、こうした部分からも見えてくる真実となります。

まずは利口で賢い人と思われるための第一歩としても、クレバーに非常に近い意味を持つスマートな人になってみるのはいかがでしょうか?

→【スマートな人の特徴や魅力10個|相手がそう感じる瞬間・絶対条件】

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP