スマートな人の特徴や魅力12選|相手がそう感じる瞬間・絶対条件

まさにスマートな人の特徴であり、こうした人は他人のいいことばかりに注目するわけでもなく、他人の悪い部分をもしっかりと吸収して自分の中で良い方向に転換することで、客観的に自分を見れることに繋がります。

他人の悪い部分を知ることで「自分はこんな人間になってはいけない」と学べるスマートな人は、嫌いな人や苦手なタイプとの付き合いほど自分を客観視でき、多くのことから物事を学ぶのです。

「あの人の〇〇な部分が無理」なんて愚痴っておきながら、同じようなことをする自分に甘く他人に厳しい人がいますが、こうした人が見習うべき教科書となり得る人物です。

 

心に余裕を持ち続けている

心に余裕がない人はちょっとしたことで感情的になったり、小さなことで頭を抱えるなどの喜怒哀楽が激しい一面が見られますが、スマートな人は常に冷静でその場の判断ができる人です。

人は心に余裕がなくなるとストレスや不安から感情が入り乱れ、感情が爆発してしまうこともしばし見られるわけですが、気遣いや空気を読むといった魅力を持つスマートな人は、心に余裕があるからこそ良い行いができます。

感情的にならない人はイラっとしても、別の視点でポジティブに捉えることができたり自分の感情を制御できる人ですから、自分の直感は信じることができてもむやみやたらに感情で突っ走る人とは違います。

これは上記で述べた学習能力が高いからこそできることで、誰でも簡単に怒りを鎮めたり心に余裕を持ち続けれるわけではありません。

 

相手の話をきちんと聞ける

スマートな人は自分の主張ばかりを相手に伝えるのではなくて、まずはきちんと相手の意見に耳を傾けることで要求や悩みを聞き出し、そこから相手が納得できる選択を提示できる人です。

相手の話を最後まで聞けない人ほど途中で自分の意見を述べ、「これは〇〇で間違いない!」などと意見を押し付けますが、これでは賢明な判断に結びつけることはできません。

スマートな人の場合、ただ聞き上手なだけでなくそこから打開策を打ち出すことができたり、相手がどの道を選択すべきかの道しるべをいくつも提示できるため、相手にとってはこれ以上にない相談役となることでしょう。

ちなみに打開策や道しるべを提示できる人は、相手に関心を持ち「どういう人なのか?」を知ろうとする人なので、自分は自分、他人は他人と冷たくするような人物とも違います。

 

信念に従い行動できる

信念とは芯が強い人とも言われ、「自分の生き方に強いポリシーを持っている」「自分の価値観を知っている」「潔さを掛け持つ」などの特徴が見られる人は、信念を持っている人です。

スマートな人はまず自分の価値観を知っているので、「なぜこれを追求したいのか?」といった「なぜ?」の答えを知っていて、それが自分の価値観であるとポジティブに捉えることができます。

すると何をするにおいても「なぜ頑張らないといけないのか?」の理由が明確なわけですから、スマートな人は自分のモチベーションを上げる動機に繋げたり、自分自身に正直に生きることができます。

信念に従い行動できることは時として周りの反感を買い、一匹狼として自分のポリシーを守ることにもなるデメリットを持ちますが、それでも自分はこうなんだと貫き通せる意志は、周りに尊敬されるきっかけとなることもよくあることです。

 

スマートな人になれる方法


スマートな人になれる方法は「知性」と「教養」を磨くことが重要で、まず知性をつけることであなたは知的な魅力をつけることができ、そこから多くを学べた結果が賢明な判断に結びつきます。

賢明な判断とは経験と知識がものを言う割合も大きいので、役に立たないであろうと思うものにも興味を持ってみたり、世の中の様々なことに疑問を抱くことで自然と知性をつけることは可能です。

教養に関しては道理について深い知識を持つ必要があり、人として行うべき正しい行為をきちんと身につけることで、やがて教養がある素敵な人だとの評価を得ることができます。

教養を身につけることは大人のマナーとも言われるので、社会に出ても恥ずかしい思いをすることのないような道理を知ることは、スマートな人だと一目置かれる存在になることは間違いありません。

【スマートで検索した人にオススメの記事】

・自分に酔う人の深層心理|酔ってる人に見られる特徴と性格傾向15個

・自分に甘く他人に厳しい人の心理|酷すぎる特徴と性格傾向10個

・忙しいアピールのうざい心理と口癖の共通点|共感できる怒りの声15選

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP