シンプルな人の特徴12選|性格・恋愛・魅力について。そうなる方法も

自然体な恋愛ができる人は長続きしやすい共通点を持ち、互いに良い部分を見つめ合える関係を築けることからも、相性抜群の恋人ができた時には人生がより豊かに感じることができるでしょう。

 

平等に接する

シンプルな人はどんな相手にも優しく接することができる人で、「この人といると自分はどう評価されるだろう?」と周りの評価を気にしたり、「この人はブサイクだから冷たくしよう」と態度を変えることもありません。

簡素で単純に生きるということは、いかに自分の感情を冷静に保ちながら余裕を持って生活できるかが鍵となるので、間違えてもカッとなることで攻撃的になるような人ではないのです。

シンプルな人は自然体に生きることができるので、自分がどう思うかを重視すると何度も述べましたが、これは相手と比べることで嫉妬したり妬むようなリスクを回避します。

嫉妬から攻撃的になる人や仲間外れをする意地悪な人が世の中にはいるものですが、そうした仲間外れにされた人であっても大事にできることは、シンプルな人が持つ素晴らしさであると言えるでしょう。

多くの人は仲間外れにされた人と距離を保つことで、自分も同じ目に遭わないようにと気をつけるものですが、自分がどうかを重視することは素直な行動に繋がるわけです。

 

落ち着いている

相手に合わせないことは自分らしく生きることであり、自然体に生きることは見栄を張る必要もないため、シンプルな人は常に落ち着いています。

特徴としては安心感がある人だとよく周りから言われたり、一緒にいるとその場の空気が和み緩やかな気持ちになれることであって、その落ち着いた雰囲気は相手の心を穏やかにする効果を持ちます。

つまり一緒にいると居心地がいいとか落ち着くと言われることも多く、「癒される」と言われる回数が多いこともこうした背景からは見えてきました。

また、現代人は忙しすぎることから何かとセカセカしていて、私生活でも余裕のない一面が多々見られることが当たり前となりつつありますが、シンプルな人は自分のペースを守ることで、無理をしすぎない私生活を送ることができます。

落ち着きは自分の気持ちをコントロールするのに必要不可欠な要素なので、自分の気持ちをコントロールできるシンプルな人は、不愉快に感じる嫌な相手にも顔に出すことはありません。

 

広い視野を持てる

落ち着いて穏やかな雰囲気を持つことは広い視野を持つことができ、目の前のことで精一杯な人はそれこそが全てかのように捉えますが、シンプルな人は違います。

常に心に余裕を持ち冷静な判断ができるため、物事をななめ上から見ることができたり自分を客観視できるなど、緊急時のトラブルでも適切な対応が取れることは頼れると評価される魅力です。

さらに広い視野は他人の意見をきちんと聞こうと思えることや、「この人はできる人である」と周りから高評価されることもあるので、何かと正の連鎖が起こり自分の評価がグッと上がることが期待できます。

逆に視野が狭いことは、「他人の意見を聞こうとしない」「固定概念に囚われ過ぎる」「目先のことしか見えない」などの負の連鎖を起こすので、広い視野で物事を判断できないことは嫌われる原因なのです。

ちなみに多くの経験や正しい情報がなければ、どれだけ広い視野を持とうが上手に活用することができないので、ある程度の知識量がないと活かされにくい魅力でもあります。

 

嘘が嫌い

シンプルな人は2つの意味で嘘が嫌いで、1つは見栄を張ったり嘘をつくことで自分の利益を得ようとする人が嫌いなことです。

これは多くの人が「当たり前だろ?」と思う特徴ですが、自分に正直で自分がどう思うのか?を重視するシンプルな人にとっては、嘘で固められた人は素直に苦手だと判断することになります。

重要なのは2つめの理由であり、シンプルな人自身が嘘をつかないからこそ嘘つきを嫌いになりやすく、裏表のない自然体で居られる付き合いを求めることがそうした気持ちを強くします。

また、嘘をつかないことは案外難しいことで、自分に甘い人ほど嘘をつくことで自分を正当化しようとするものですから、こうした人とシンプルな人の相性は良くないと言えます。

つまりシンプルな人は、嘘をつくことも嫌いであり嘘をつかれることも嫌いな性格の持ち主なのです。

 

自己主張は控えめ

シンプルな人は自己主張は控えめで、自分の意見を口にするよりかは相手の意見をしっかりと聞くことができ、自分の意見を押し付けることがないので、結果的に自己主張は控えめな人だとの評価を受けます。

だからこそあまり目立たない人だとの評価も受けやすく、常に第三者として話し合いの間に入ったり、相談役として頼られやすいタイプです。

自己主張は時として自分の利益をもたらすことに繋がりますが、あくまでシンプルな人は自分がどうしたいかで発言が変わるので、自分が積極的にやりたいと思えることと出会えた時には、積極的に自分の意見を交えることでしょう。

ここから見えてくる勘違いしてはいけないことは、シンプルな人はあくまで控えめなだけであって、自己主張が苦手な性格とは全く別であることです。

つまりシンプルな人は良い意味で目立たないと捉えることができて、地味で魅力がないからこそ目立たないのではなくて、無理に自己主張する必要がないことを理解しているのです。

 

好印象に見られやすい

これまでの特徴を見てきたあなたはもうお分かりでしょうが、様々な素晴らしい魅力を持つシンプルな人は好印象に思われやすく、信頼感や安心感の高い人物です。

自然に生きる、見栄を張らない、落ち着いているなどの要素は相手の印象には残りにくいものの、嫉妬されたり憎まれるなどのネガティブな感情には繋がりにくい魅力となります。

日本では「出る杭は打たれる」と言うくらいなので、何かと目立ったり派手な人ほど周りから粗を探され、細かな欠点を指摘されることで嫌悪感を持たれることも多くなるのです。

ちなみに好印象に見られることは、良い部分ばかりが目立つ心理状態を作る要因となるため、「あの人は落ち着いていて素晴らしい」「悪い部分がない」などの、完璧人間かのように見られることも多くなることが想定できます。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP