オタクっぽい顔や服装の特徴13個!話し方や髪型の共通点まとめ

まずダボダボの服を着る人は、だらしないことに加えて不潔感が出てしまうため、せっかく顔は整っていても性格がズボラであるとか、中身に問題がある人であると思われやすいです。

逆にピチピチの服を好む人は、体のラインやパンツが見えてしまうこともあることから、こちらもだらしない服装であると思われやすく、小太りな人はみっともない格好であると思われてしまいます。

どちらにしても、ダサい服装を改善しないままではオタクの特徴に当てはまってしまいますし、趣味にお金を使いすぎることで服が買えないのだろうと思われることは、自らを安売りしている事実に気づかなければなりません。

 

太めのメガネをかけている

太めのメガネをかけている人ほどオタクっぽく見られてしまい、これはメガネ=インキャであるなどの先入観から、オタクっぽいイメージに繋がっているのでしょう。

東京や大阪の都会に行くとメガネをかけている人もたくさんいますし、かっこよく見える人もたくさんいますが、オタクっぽい人との決定的な違いは「お洒落であるかどうか」です。

メガネをかけていても高評価される人というのは、メガネも含めた全身コーデで勝負をしているので、ただメガネをかけて何となく服装を選んでいるわけではありません。

後もう1つ、顔がブサイクで地味な服装を好む人が太めのメガネをかけると、第一印象ではインキャっぽいとのイメージを持たれることから、オタクっぽい奴だと影でバカにされることがしばし見られます。

 

服のバリエーションがない

いつも同じような服を着ていたり、いつも同じような色の服を着ている人は、バリエーションが無さ過ぎます。これがオタクっぽいことに直接繋がるとは言い難いですが、特定の場合のみオタクっぽく見られてしまうことがあります。

例えば、オタクが好みそうなファッションセンスの人が、いつも同じようなバリエーションのない服を着ていた場合は、オタクっぽいと思われることは当たり前のことです。

これを改善するためには、色の違う服やズボンでも様々な種類を購入しておくことが必須であって、毎回同じバリエーションの服を着ているようでは、相手に見下されても文句は言えないのです。

高い服を購入する必要もないんですから、3パターンくらいでいいので全身コーディネートした物を揃えておけば、オタクっぽさを無くすことが可能です。

 

ワントーンコーデ

最後の服装の特徴としては、ワントーンコーデを好む人も今すぐ改善すべきです。オタクは黒で統一されたコーデを好む傾向があり、黒を着ていればカッコいいという思い込みが強いです。

はっきりと言いますが、黒を着ていても強い人やかっこいい人には見えませんし、女性であっても黒ばかりを好む人は色気もなく、オタクっぽく見られてしまうだけです。

2色や3色くらいでいいので、全身コーデを決めた時に複数の色が入っているのか?に注目して、全体のバランスを整えることに全力を注いでみるといいです。

ワントーンコーデはダサい人の典型的特徴であって、見たからに「バカそう」に見えてしまうことからも、「オタクっぽいなあいつ」と陰口を言われてしまう、ターゲットともなりやすいです。

 

3.話し方や髪型の共通点

話し方の共通点

オタクっぽい話し方をする人の特徴の1つ目は、「声の勢いが凄い」ことであって、実際にオタクは好きなことを語り出すと勢いが止まらず、相手に顔色を伺わずに長々と語ってしまいます。

これと同じように、好きな話題になると急にテンションが上がり長々と語り出す人は、オタクっぽいと言われてしまう人の特徴であって、これがアニメやアイドルの話題であった場合は、特にそう思われる傾向が強くなります。

オタクが勢いよく喋ってしまう原因としては、普段から会話に慣れていないために緊張してしまうことや、異性慣れしていないことから音量が大きくなってしまうことです。

また大きな声で語勢強く発言していることも、オタクっぽく思われてしまう話し方となるので、普段から会話に慣れることや落ち着いた状態を作ることが必要となってくるでしょう。

 

笑いながら話す

もう1つは「笑いながら話す」ことであって、オタクは一人で語りながら急に笑い出し、そして語ることを止めようとはしない話し方をします。同じような癖がついてしまっている人は、確実にオタクっぽい一面があると思われています。

笑いながら話すことは相手に良いイメージを与えると思う人もいるでしょうが、気持ち悪い笑い方や下品な笑い方をする人は、その時点で相手にドン引きされてしまいます。

自分を客観的に見ることが重要で、笑いながら話している時の相手の態度はどう違っているのか?を冷静に分析することが、気持ち悪いかどうかの見極め方となります。

 

常に早口で焦っている

オタクは会話が下手であるために、相手と会話する際には苦手意識が働き早口になってしまったり、または伝えようとする情報量が多すぎることで、早口になってしまいます。

ページ:
1 2

3

4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP