人に恵まれる人の共通点【名前や漢字、運など全ての特徴13個】

理由は簡単で、悪口や噂話ばかりするグループとの付き合いを深めていったところで、自分にとってメリットとなることは少なく、むしろ「いつ自分がターゲットにされるか分からない」と臆病になるからです。

そしてこのようなグループに所属していても、自分の本心や本当の気持ちを打ち明けることは難しいです。楽しい話題や話を共有するグループならどうでしょう。楽しい話題に胸が弾み、本当の自分をさらけ出すことができるはずです。

人に恵まれるか恵まれないかの違いとは、そのグループに所属したいかどうか?でも決まってしまうことがあり、結局のところ類は友を呼んでしまうのです。

 

5.今に満足している

人に恵まれる人は今に満足しているため、自分のことが好きであったり今を楽しいと思える人です。こうした人に共通することは、表情が明るくネガティブな思考にならないことです。

今に満足することができれば、どんなことだってポジティブに物事を捉えられるようになりますし、相手だって良い部分ばかりが見えるようになります。逆を考えてみるとわかりやすく、ネガティブ思考な人ほどちょっとしたミスを犯しただけでも、「自分は嫌われるのでは…」と不安になるものです。

また今に満足できる人は、笑顔が多くなることから楽しい空間を作ることが可能です。人は楽しい場所に集まる習性を持っているため、これも人に恵まれる人の特徴と言える理由です。

完璧主義でネチネチと欠点を指摘するような人よりも、欠点よりも長所を見て相手を評価してくれる人の方が、多くの人が信頼を寄せ愛されやすいことも間違いありません。

 

6.損得勘定で決めない

人に恵まれる人は、付き合いをする際に損するか得するかで物事を決めるわけではありません。むしろ人として好きか嫌いかで相手を判断するので、嫌いな人だと評価した時には、得する人だろうが付き合いを拒みます。

言い方を変えると私利私欲に走らないとも言えますが、他人が困っている時でも自分の利益がないと理解した上で、時間と労力を投資できることは素晴らしいことです。

そして損得関係なしに他人を助けることができる人は、相手が恩を感じることでピンチの時に救ってくれることからも、人に恵まれている人の特徴だと言えます。

さらに言い方を変えると、こうした人は人望に厚い人だとも評価することができ、多くの人がSOSの声に駆けつけてくれることでしょう。まさに人に恵まれた環境で生きている人です。

 

7.感謝の気持ちがある

感謝の気持ちがある人はどんな時でも「ありがとう」を口にすることができたり、恩を感じてその恩をきちんと返すことができます。絶対条件や感受性でも述べましたが、感謝の気持ちがない人はそっぽを向かれる人です。

感謝の気持ちを持てない人の特徴を細かく分析していくと、「何をしてもらうにも当たり前だと感じる」「他人を見下している」「心に深い傷を負っている」などが挙げられます。

こうした特徴を持つ人は嫌われて当然の性格をしている上に、見下されたり俺様のような態度で接することは、恵まれた人を避けることに繋がります。

例えば、人に恵まれた人にはたくさんの人が寄ってくるわけですが、わざわざ多くの人が嫌うような人間に好んで接していくのか?を考えると、間違いなくそれはノーであると答えるはずです。

 

8.好意で助けることができる

人に恵まれる人は好意で相手を助けることができます。こうした人が相手を助ける時には、常に「自分の好意で助けている」と割り切ることができるため、助けた後も相手に見返りを求めることはりません。

こうした割り切りができる人は、相手からの「ありがとう」の感謝の言葉がなかったにしても、それは全く気にすることなく、再び好意で他人を助けることが可能です。

また、見返りを求めること自体が「恩着せがましい」とか「恥ずかしことだ」と理解しているので、そうした行動をとる人のことを心底嫌うことも特徴的です。

人は好意的な態度を取られると、自分も同じように好意的な態度を取ろうとする法則が存在し、これを好意の返報性の法則と呼びますが、人に恵まれる人は好意の返報性が自然と成り立つからこそ、多くの人に支えてもらえるような環境が生まれます。

 

9.加点方式である

人に恵まれる人は加点方式であり、人に恵まれない人は減点方式です。加点方式とは「良い部分や優れた点を加点していく方式」のことであって、第一印象のみで全て決めつける人とは違います。

逆に減点方式とは「悪い部分ばかりに注目して点数が減っていく」ことでありますが、減点方式で相手を評価する人は完璧主義であるか、または他人の欠点ばかりが目立ってしまう心理状態の人です。

加点方式の優れた要素は、「相手を簡単に決めつけない」「欠点を許せる心を持てる」「相手に期待しすぎない」などであって、どうしても減点方式の人ほど相手に過度な期待をすることで、ガッカリしたと被害者面することが多くなります。

一方で加点方式の人は、冷静に相手の良い部分を見抜き判断することができるため、相手をけなすような評価をすることもなく、嫌われる要素がどんどんと減っていくのです。故に加点方式の人ほど憎まれにくく、人に恵まれやすい環境となります。

 

10.他人のせいにしない

ミスや責任を他人に擦りつける人は人に恵まれない人です。逆に自分のせいだと素直に謝ることができたり、他人のミスをカバーできるような発言ができる人は、人に恵まれること間違いありません。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP