台湾の街並み

台湾人の顔の特徴

台湾はかつて日本の植民地でしたが、インフラを整えたり、台湾の経済発展にも貢献したことから、台湾の人には親日家の人が多いといわれているのです。

日本には多くの海外旅行者が訪れますが、台湾からも多くの人が訪れています。

ここでは、そんな台湾という国についても触れつつ、台湾人の顔の特徴を男女別に紹介していきます。

そもそも台湾ってどんな国?その特徴は?

台湾は日本の南方にあり日本最南端の島である与那国島から約120km離れ、中国の東に位置する島国です。

実は台湾という言葉は国としての正式名称ではなく、台湾は国際的にも国として認められていません。

正式名称は「中華民国」といい、中国(中華人民共和国)とは異なり、台湾本土とそれに属する島々を実効支配する国家をいうのです。

つまり、台湾は島の名前で、中国での呼び方となります。一般的な呼び名として中華民国を台湾と呼んでいるのです。

台湾は中国の文化と独自の文化が入り混じり、多民族国家という特徴を持っています。

面積は日本の九州くらいの広さでありながら、約2500万人もの人が暮らし、公式に認められている民族だけでも16あるといわれています。

気候は南北で分かれており北は亜熱帯気候、南は熱帯気候で全体的には、はっきりとした四季のある国ではないそうです。

台湾人の国民性は南国気質といわれ、陽気で楽観的な性格の持ち主が多く、多民族国家のためか周りを気にせずに言いたいことをいう人が多くいます。

台湾人男性の顔の特徴

台湾は多民族国家ですが、基本となっているのは漢民族であり模範的な黄色人種といわれています。

ここからは、台湾人男性の顔の特徴について紹介していきます。

一重まぶたが多い

台湾人男性の顔の特徴として一重まぶたがあげられます。

一重はアジア圏内の人に多くみられ、台湾の男性も一重の人が多いです。

一重の男性は一般的にクールで冷たいイメージを持つ人が多いのですが、台湾の男性にはあまり当てはまりません。

なぜなら南国気質で陽気な性格な人が多いため、よく笑います。

一重の人が笑うとクシャっと目が無くなり、かわいくなるので冷たい感じはしないのです。

目が吊り上がっている

台湾の男性は一重の人が多いことから切れ目の人も多くなっています。

切れ目は眼光が鋭く目力があり、ミステリアスなイメージです。

また、切れ目は流し目が似合いセクシーなイメージもあります。

しかし、実際の切れ目の人の特徴は、そのイメージとは逆で温厚で誰に対しても愛情が深いと言われているのです。

もともと陽気で南国気質な台湾人ですが、紳士的で優しい特徴も持ち合わせており、ぴったりのイメージといえます。

エラが張っている

台湾人男性はエラが張っている人が多い特徴があります。

一般的にエラが張っている男性はプライドが高いと言われています。

例えば、誰かと議論になったりした場合は、プライドを守るために決して自分の意見を曲げることなく相手を言い負かすまで徹底的に反論し、途中で和解しようとは思いません。

また、恋愛面ではエラが張った人は嫉妬深く、束縛しがちです。

これらを見るとエラが張っている男性のイメージはあまり良いとは言えませんが、一概には言えません。

プライドが高いということは一本芯の通った人間だということです。

正義感が強く、真っすぐな人間でもありますので、女性にとっては頼りがいのある人となります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP