咳払いする人の心理的特徴7選

なぜなら、普通の人は自分にストレスが溜まっても、それをぐっと抑えて我慢して、誰にも迷惑のかからない方法でそれを発散させようとするからです。

それは周囲に配慮しているからこそですが、周囲に配慮できない人は、自分に怒りや不満が沸いてきたとき、すぐにそれを外に出そうとします。

それが咳払いという形で現れているのです。

周囲に配慮できる人は、ストレス発散のために不必要に咳払いを行ったりはしません。

 

勘違い

咳払い=少しヤンチャでかっこいい、なんて勘違いをしてしまった結果、咳払いを意識的にしている人もいます。

咳払いすることは確かに目立つ行為ではありますが、かっこいい行為などではありません。

このタイプの人に共通する心理的特徴というのは、自分の欲求が満たされていないことにあります。

本当はもっと周りから尊敬されたい…そんな満たされない心理的欲求を、咳払いをすることにより自己満足し、心理的欲求を解消しているのです。

 

咳払いは、好感度ダウンの原因です

いかがだったでしょうか。

咳払いをすることにより、好感度がダウンしてしまうことは、よくあることです。

そもそも人前で咳をして、いい気になる人なんてそうそういません。

もちろん時と場合によりますが、無駄な咳払いをするくらいであれば、しない方が自分のためになるのかもしれません。

また、「負けたくない心理的特徴9つ」もセットで読んでみましょう。

負けたくないと思うからこそ、咳払いをする人もたくさんいるわけですが、それらの人のさらに奥深い心理も覗いてみませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

    • 咳払いは息くさいいじめられっ子
    • 2017年 8月 16日

    きも

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP