渋沢栄一まとめ

渋沢栄一まとめ 2021年NHK大河ドラマ主人公・新一万円札の顔

2021年のNHK大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公であり、2024年に刷新されることになった紙幣の中でも一万円札の肖像画としても選ばれた「近代日本資本主義の父」と呼ばれる歴史的偉人。

2021年以降、注目が高まること間違いなしの渋沢栄一についてまとめました。

この記事を読むことで、渋沢栄一がどんな人か、NHK大河ドラマやお札のことについても知ることができます。

プロフィール

「しぶさわ えいいち」と読みます。

江戸時代の天保11年(1840年)3月16日に現在の埼玉県深谷市で生まれ、幕末から明治、大正時代を駆け抜け、昭和6年(1931年)11月11日に東京都北区で亡くなりました。享年91歳でした。

豪農の家に生まれ、倒幕の志士になり、一転して幕府の役人となって江戸時代最後の将軍徳川慶喜にも仕えた後、更に一転して明治政府の役人を経て事業家となるという波乱に満ちた人生を送りました。

  1. 豪農の家に生まれ、郷里の村で幼少期を過ごす
  2. 幕末期に尊王攘夷運動に加わる
  3. 徳川慶喜に仕える。渡仏。帰国して大政奉還に直面する
  4. 大蔵官僚となる
  5. 退官して実業家になる

近代日本資本主義の父

生涯で約500社もの企業を設立し、約600もの社会公共事業に関わったことで、「近代日本資本主義の父」と呼ばれています。

最初は現在の「みずほ銀行」にあたる日本最初の近代的銀行である「第一国立銀行」の設立から始まりました。この第一国立銀行を拠点に、数々の企業の創設 ・育成に力を入れました。

渋沢栄一が関わった企業のほんの一部を紹介します。どの企業も現代の日本では誰もが知っていて、当たり前のように存在する欠かせない企業ばかりです。

【証券】東京証券取引所
【電力】電力各社(東京電力、関西電力…)
【ガス】東京ガス、大阪ガス
【石油】ENEOS
【鉄道】JR各社、私鉄各社(東急、小田急…)
【海運】日本郵船、商船三井、東海汽船
【鉄鋼】新日鐡住金
【製紙】王子製紙、日本製紙
【保険】東京海上日動火災保険
【自動車】いすゞ自動車
【通信】KDDI
【飲料】キリンビール、サッポロビール
【製薬】第一三共
【建設】清水建設
【旅行】JTB、帝国ホテル

渋沢栄一が関わった約500社についてもっと知りたい人は、東京商工会議所の資料をご覧ください。

新一万円札の顔

2019年4月、財務省が千円・五千円・一万円の紙幣を2024年度に一新すると発表しました。紙幣の刷新は2004年以来のことで、20年ぶりとなります。

固定ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP