あばずれ女の特徴と意味7選

あばずれ女という言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを抱くでしょうか。

あばずれ女とは、昔では「人擦れして品行が悪く、厚かましい人(女性)のこと。」を言いましたが、今では使う意味合いはガラッと変わってしまいました。

今回の記事では、そんなあばずれ女の特徴と意味について、7選にまとめています。

時と場合によって意味合いは違ってきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

股が軽い女であること

あばずれ女の特徴と意味の1つ目は、股が軽い女、つまりすぐにセックスができそうな女性のことを、人々はあばずれ女と呼びます。

簡単に言い換えればヤリマンと同じ意味でありますが、あばずれ女とヤリマンでは少し意味合いが違ってきます。

現代風に言えば、図々しく股が軽いような女のことを、あばずれ女と呼ぶといえば分かりやすいでしょうか。

ヤリマンの場合は、図々しさがなく、男に都合のいい女の場合に使われることが非常に多いといった特徴があります。

 

利益の為なら体を捧げる

よく芸能界やモデル業界で使われるあばずれ女の意味の1つには、自分の利益の為に体を捧げる女性に対して、使うこともあります。

本来の意味では、品行が悪い女性に対してあばずれ女と呼ぶのですから、行いが正しいことをしていない女性に対して使うことは、間違った意味ではありません。

ですから援助交際をしている女性や、パパがいてお小遣いなどの為に体を平気で捧げるような女性のことを、あばずれ女と呼ぶこともあります。

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP