嫌な予感ほど当たる心理的原因7選

 

過去の経験から

嫌な予感というのは過去の経験から作られることが最も多く、例えば過去に無理に体を動かして怪我をしてしまった経験がある人は、再び同じシュチュエーションに遭遇した際に、嫌な予感がしてしまうわけです。

そして同じように体を無理に動かしてしまい、予感が当たってしまうわけですが、こうした過去の経験から嫌な予感の多くが生まれ、同じ失敗をしてしまうからこそ、当たってしまうのだということを頭に入れておきましょう。

 

過去を振り返ってみよう

いかがだったでしょうか。

嫌な予感がした時というのは、一度冷静に落ち着き、過去を振り返ってみましょう。

もしも同じような失敗を過去にもしていたのであれば、原因を追究して予感が当たらないように対処すべきです。

一方で全く見覚えがない場合は、素直に直感を信じるなり、引き寄せの法則に逆らうような行動をとってみるといいでしょう。

一番ダメなことは、びくびくすることであり、そんなことをしてしまえば体に多くのストレスを与えてしまいますから、あまり気にせずになるがままに過ごすという選択肢を選ぶことも、大いにありでしょう。

また、「嫌われてる気がする心理的特徴と確かめ方9選」もセットで読んでみましょう。

嫌われている気がするのも悪い予感の1つでありますが、なぜ人は嫌われているかどうかも分からないのに、そんな気がしてしまうのか。

人の面白い心理を知ってみませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

    • グリーゼ
    • 2017年 6月 02日

    予防線説、勘が鋭い説は、当たってると思います。

    なお
    >悪い予感を感じる瞬間は人生において数回~であることから、どうしても確率的には偏ってしまうわけです。

    ? この意味がわかりませんでした。
    悪い予感の回数は少ないから確率的には少ない⇒確率が少ないから、当たってるとは感じない可能性が高い
    と文章解釈できますけど?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP