恥ずかしい心理的特徴6選

あなたも人生で一度や二度くらいは、恥ずかしい思いをしたことがあるはずであり、これは特に異性との会話などで恥ずかしい思いを経験することが多いです。

恥ずかしい思いというのは、そう簡単に感じるものではありませんから、非常に心に残りやすく、そして出来事によってはトラウマとかしてしまう人もおり、恥ずかしい思いというのはいい思い出ばかりというわけではありません。

今回の記事では、そんな恥ずかしい心理的特徴に関して、6選にまとめています。

恐怖心が頭をよぎった瞬間

例えば、「困っている人を助けたいけど恥ずかしい…」という経験をしたことがある人は多いはずであり、日本人はこういったヒーローになれる瞬間を逃してしまいがちです。

なぜこういった善意的な行動が恥ずかしいのかといえば、そこには失敗してしまった時の恐怖心が頭をよぎるからであります。

この場合ですと、「助けましょうか?と声をかけられて断られる」、「自分がブサイクだからひかれるかも…」といった恐怖心が頭をよぎり、結局は躊躇してしまうわけです。

恥ずかしがり屋と言われる人の共通点や特徴を探してみても、この恐怖心や自己嫌悪を抱いている人が挙げられることは多いのです。

 

嬉しい

恋をしている時というのは、好きな人に話しかけられた時には嬉しい反面、恥ずかしいという感情も大きく出てしまいます。

特に予想だにしていない場面で話しかけられたり、ちょっかいをかけられたりすると、どうしていいのかが分からなくなり、頭パニック状態に陥った結果、恥ずかしいという心理が働いてしまいかねません。

これは、パニック状態に陥った姿を見られたことの恥ずかしさと、頭の整理ができていないので「仕草などでばれちゃうかもしれない!?」というドキドキ面での恥ずかしさが、一緒になっている場合も多いです。

 

出る杭は打たれてしまう

恥ずかしがり屋と言われる人と、目立ちたがり屋と言われる人の違いは、注目されたい意識の違いであり、恥ずかしがり屋と言われる人ほど、目立つことを恥ずかしいと感じてしまいます。

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP