田舎者の特徴やファッション10選

さらに高層ビルは形がお洒落であったり、高級感を感じることも多いので、普段見慣れていない人からすれば、非常に魅力的なビルに見えてしまうといったあるあるも存在します。

逆を言えば、高層ビルの周りを歩いているだけでも観光になるのですから、異空間のようで楽しむことができると考えることもできますよね。

 

車は必需で、改造する人が多い

「田舎は車がなければどこにも行けない」という人が非常に多く、実際に田舎では車が無ければ、コンビニですらかなりの時間をかけて行く必要があるという人もいます。

ですから免許は必須ですし、何より他に遊ぶ場所がないという人の場合は、車にお金をかけることも多いです。

また、都会との違いはとにかく目立つ改造をしますので、行き過ぎてダサいと思われてしまうような車の改造をしがちである、といった特徴も見られます。

 

流行に少し乗り遅れる

流行というのは常に都会から徐々に田舎に伝わるものですから、田舎に住んでいる人というのは、必然的に流行に乗り遅れた状態であることが多いです。

もちろん近年ネットの普及もあり、誤差も縮まりつつありますが、やはりその差を完全に埋めることは難しいでしょう。

また、逆に田舎で流行のものを常に取り入れている人というのは、ファッション面などでも非常に注目されやすく、目立つ存在であることも多いです。

 

ファッションには力を入れがち

田舎で育った人の心理には、どうしても「ダサいと思われたくない」、「なめられたくない」等の心理が働きますから、外に出る時はファッションに力を入れがちです。

逆に都会育ちの人というのは、自分が特別に見られるわけでもないということを分かっていますから、案外ファッションに適当な人も多いです。

特に田舎から都会に旅行に来る人というのは、ファッションや髪形に力を入れることが多いので、田舎者ファッションなど気にしなくても、普通に周りと遜色ないファッションをしておけばOKです。

 

あまりの空気の悪さに気づく

田舎は空気が綺麗ですし、もの凄く空が綺麗で星が見えたりもします。

一方で都会に来れば空気は悪いですし、飲食店から出る臭いや汗の臭いなどに気分を悪くしたり、頭痛になってしまうことも珍しくありません。

こうした空気の違いや夜空の違いに敏感であったり、空気が良い田舎がやはり自分には似合うと思ってしまうことは、田舎者の特徴であると言えるでしょう。

 

電車の本数や一駅の近さに驚く

田舎出身者が都会に来て必ず驚くことは、電車の本数の多さや時間の早さ、一駅までにかかる時間、乗り換える駅が非常に多いなどであり、都会では電車を待つことにイライラすることが少ないです。

また、田舎であれば一駅間が凄く長いために一駅歩くという発想もありませんが、都会に来れば一駅歩いた方が早いケースも多々あることから、そうしたことに驚かされるのも田舎者の特徴であると言えるでしょう。

一方で、都会には地獄の満員電車という最悪のデメリットが存在します。

 

つい芸能人を探してしまう

「都会といえば芸能人がたくさんうろうろしていて、道端でばったり会っても周りはそれほど驚かないのだろう…」などの想像をしがちですが、都会であっても芸能人に遭遇することは数少ないです。

田舎者の場合、サングラスや帽子、マスクをしていれば芸能人かもしれないと疑ってしまい、ついつい顔を凝視してしまうなどの悪い癖が出がちです。

これは都会に上京してきた人の多くが期待することなので、現実を知れば芸能人探しもしなくなるのが現実です。

 

キャッチに捕まりがち

田舎者はキャッチに反応してしまい、無視することができないため、そのままお店を決めたり、それほど美味しくないお店へと連れて行かれることが非常に多いです。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

    • 塚田地味子
    • 2019年 7月 13日

    ・乱暴なこと、悪いことがかっこいいと思っていて、反社会的勢力に憧れている人が多い。
    ・謙虚さ、思いやりに欠け、押しつけがましく、他人をいとも簡単に裏切り貶める。
    ・執念深く、猜疑心が強い。
    ・実は家族、身内同士でも仲が悪い。
    ・以外に冷たい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP