田舎者の特徴やファッション10選

そもそもキャッチの存在や、声をかけられる=ナンパされたと瞬間的に期待してしまう人もいるでしょうが、相手は商売目的なので一度反応してしまうと交渉が始まってしまいます。

都会に行った際には、キャッチの声に反応しないようにしたいものです。

 

声が大きい

都会に来るとテンションが上がることから声が大きくなりやすいですし、田舎者ほど目立ちたい気持ちが強いです。

公共の場で騒いでいたり、電車で大声を出すなどの行為は、都会人ほどしない行動であるため、こうした行動は田舎くさいと思わせる行動であると言えるでしょう。

 

ファッション面での細かな特徴について

根元がプリンである

都会に住むとダサさに敏感となるため、根元がプリン状態であることや、中途半端な髪の色をすることを避ける人が多いです。

そもそも根元がプリンであることは、どこか田舎くささを感じさせる要因であり、都会の人ほどダサさに敏感であるので、根元プリンをオシャレに見せる方法を知っていたりもします。

都会に行く際には、「ただ染めているだけではダサく思われるかも知れない」ということを覚えておくと、いざ旅行の際などには役に立つ豆知識となることでしょう。

 

スウェット等で平気で外に出る

田舎であればスウェットでコンビニに行ったり、大手スーパーのイオンに行くなども比較的平気な人も多いですが、都会ではスウェットでコンビニに行くとかなり浮いてしまいますし、ダサい格好をして外に出ることは一人浮いてしまうことになります。

パチンコ屋でも同じく、都会ではスーツや普段着で通う人が目立ちますし、スウェットで行く人などほとんど見かけません。

これは田舎の頃に癖となってしまっている証拠であり、田舎くさいヤンキーもこうした格好をしがちです。

 

ヘアスタイル、小物等が手抜きである

都会人は案外ファッションに適当な人も多いと述べましたが、都会人は細かま部分にまでしっかり気が行くので、ある程度適当であってもバッグが綺麗であったり、ヘアスタイルをセットしています。

一方で田舎者や田舎くさいと思われる人は、こうした細かな部分に目がいかなかったり、ヘアスタイルを気にしていなかったりするため、場所によれば街を歩くと少し違和感があるかも知れません。

都会の人は毎回並レベルのファッションを気軽に着こなしますが、田舎者は毎回意識する必要もないため、ちょっとした部分が雑になってしまいがちです。

 

田舎者は無理に頑張る

都会人と田舎者の一番の違いは、自分が田舎出身であることを隠そうと必死になったり、オシャレに見せようと必死になることで、どこか必死感の伝わるファッションになってしまうことです。

例えば田舎者の男性は、かっこいい自分を見せようと、成りきれていない三代目j soul brothersメンバーのファッションを真似たり、女性であればブランド物を見せびらかすように手に持つなど、田舎であることを隠そうと必死になっていることが、逆に相手に伝わってしまい、田舎者や田舎くささを出してしまうのです。

都会に住めばそこが地元となるわけですから、都会人は毎回のように必死にオシャレする必要もなくなるのです。

 

コンプレックスである必要はない

いかがだったでしょうか。

やはり田舎出身の人の場合は、田舎者というコンプレックスを抱いてしまっている人も多いですが、都会には上京してきた人がたくさんいますし、そんなことをいちいち気にしません。

中にはネット上などで、田舎者と馬鹿にする人もいますが、そんな小物を相手にするよりも、自分の育ってきた環境で得た素晴らしいもの誇りにもち、周りの視線や評価ばかりを気にする必要はないのです。

田舎出身であるのか都会出身であるのかを気にする人は小さな人であり、社会に出ると肩書きや社会的地位が重要になるので、そんなことは何も気にする必要がないのです。

固定ページ:
1 2

3

4

コメント

    • 塚田地味子
    • 2019年 7月 13日

    ・乱暴なこと、悪いことがかっこいいと思っていて、反社会的勢力に憧れている人が多い。
    ・謙虚さ、思いやりに欠け、押しつけがましく、他人をいとも簡単に裏切り貶める。
    ・執念深く、猜疑心が強い。
    ・実は家族、身内同士でも仲が悪い。
    ・以外に冷たい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP