顔を隠す心理的特徴8選

これは特に、初対面で知らない人に対してとる仕草であり、相手にばれないように、失礼のないように、顔を隠して情報をシャットアウトさせようと心がけます。

あなたも学生時代などに、先生に怒られないようにと、面白い出来事があっても必死で顔を隠して、笑いを我慢したという経験があるのではないでしょうか。

 

慣れていない

ただただ慣れていないがために、顔を隠してしまう人もいて、これは例を挙げると分かりやすいでしょうか。

例えば、写真慣れしていない人というのは、ポーズが分からないなどの理由から、どうしても変顔や違う方向を向くなど、おかしなポーズをとりがちです。

男性なら共感する人も多いでしょうが、男性の場合ですと、プリクラのポーズが分からないがゆえに、変な顔や変な落書きをしてしまった経験があるのではないでしょうか。

それと同じような心理であり、人によって自分が慣れていないことがばれないように、顔を隠すといった行動に出る人もいます。

 

好きや恥ずかしいとは限らない

いかがだったでしょうか。

顔を隠す仕草といえば、多くの人が好きな人に対してや、恥ずかしいからといったイメージを持ちがちですが、必ずしもそうではありません。

その時のシュチュエーションによって、相手の心理状況というのは異なりますから、どんなシュチュエーションであったかを思い出してみると、たいていの場合は答えが見つかるでしょう。

また、「口を隠す人の心理的特徴7つ」もセットで読んでみましょう。

顔のパーツの一部である口ですが、口だけを隠す場合は、大きな違いがありますので、そのような違いも知ってみませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP