優しすぎる人の特徴と共感できること10選

 

義理人情に厚い

義理人情に厚く、感謝の気持ちを忘れずに恩返しをするといった意識が強いので、非常に信頼されやすいともいえます。

自分がしたことに対しては過小評価しがちですが、自分がしてもらったことには過大評価をしてしまいがちです。

そのために、利用されやすいといった特徴が見られることもしばしば。

 

騙されやすい

また義理人情が厚すぎるために、騙されやすいという一面も存在します。

一度お世話になった人だから断れないという理由で騙されたり、断れない理由を押し付けられて騙されたりなど。

優しすぎる性格のデメリットは、やはり騙されやすく利用されやすいことが挙げられるでしょう。

そのために、人間不信に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

裏切ることがとにかく大っ嫌い

優しすぎる人は相手のためを思って尽くすため、それが裏切られた場合は大変なショックを受けます。

そのショックが大きければ大きいほど、相手を恨む気持ちが芽生えてしまいます。

憎しみが人を変えてしまうように、今まで優しかった人も全く性格が変わってしまうことだってあるんですよ。

そうならないためにも優しさは、他人が喜んでくれたら儲けもの程度のもので考えておいたほうが良いでしょう。

 

本当に優しい人と建前の人の違いは?

優しい人は相手の気持ちを理解した上で、他人に尽くしたりすることができます。

建前だけの優しさの場合、自分の心にとらわれているので、相手の気持ちを慮ることはできません。

相手に優しくされてもなんだか的を射ていない場合や、優しさを押し売りしてくる人は建前だけの優しさの人の可能性が高いです。

怖い人が本当はとても優しいことがあるということもありますから、優しい人の中には本当は恐ろしい本心を隠し持っている、という可能性があるのです。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、優しさを受け取ったとき、この優しさは本当なんだろうか、それとも偽物なのだろうか?と判断する必要があります。

また、「心に闇がある人の特徴7つ」もセットで読んでみましょう。

優しすぎる人ほど心に闇がある可能性が高く、それは悩みを周りに打ち明けられないという原因が存在するからです。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP