日本人の性格の特徴は世界とどこが違うのか?

夜の産業やインターネットの動画コンテンツなど、その多彩さとマニアックさは世界に類をみないほどです。

バブルの頃はそれを主な目的として東南アジアなどの海外に旅行に行く大人の男があとをたたず、社会的な問題となったほどです。

 

ユーモアがない、感情表現が分かりにくい

世界からつまらない国と思われている日本は、ユーモアはないでしょう。

もちろん、個人個人知っていくことによって、面白い人や楽しい人という存在もありますが、それでも仕事人間な日本人はユーモアが少なく、それこそ会議にでもなれば、ユーモアなど1つも発しないというのが日本人なのです。

また感情表現が分かりづらい点も海外から見ると面白くないと映るようです。

空気を読んで行動する日本人の行動は、すぐさま行動に現れる海外とは全く異なるものです。

空気を読むって何を読むの?ということですね。

これは日本人の特徴・特有のものだとして、しっかりもっておきたいものです。

空気を読むことは大切ですからね。

 

勤勉で真面目

とにかく仕事に対しても勉強に対しても真面目な日本人は、海外からは残業王国と呼ばれることもあり、その残業のせいもありうつ病大国でもあります。

仕事に真面目すぎる日本人は、異常なくらいにうつ病体質な人が多く、うつ病退職をしてしまう人が近年増加傾向にあるようです。

真面目な性格が悪いと言うわけではありませんが、真面目すぎると体に毒です。

ヨーロッパを見てみると、残業も圧倒的に少ないうえに夏はバカンス休暇があります。

日本は長寿大国ですが、精神的な健康を考えてみれば、ヨーロッパの方がはるかに健康なのかもしれません。

また、日本人顔の特徴についても紹介していますのでご一読ください。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP