ため口の心理~後輩が先輩に使う場合はガツンと注意が必要!

例えば、「この会社の中には、ため口で話すとブチぎれる人もいるから、その癖は直した方がいい」という間接的な人を使った注意の仕方であれば、しっかりと相手を気遣った注意の仕方でありますし、相手が傷つくことを避けることもできます。

また、人を使った間接的な助言というのが心理効果をより高めることが分かっており、恋愛においても、自ら脈ありだと伝えるよりも、友達を通じて伝えてもらった方が、感情というのは大きく動くというのが分かっているのです。

つまりこの方法を使うのであれば、「誰とは言わないでおくけど、ある人がため口に不満持っていたよ!」という注意の仕方であっても、相手の感情を大きく動かすことができるのです。

注意をするのであれば、自分を例に挙げるのではなく、間接的な人を使って注意をしてみるといいでしょう。

 

ため口はできるだけ避ける!

いかがだったでしょうか。

急にため口で会話を進められるというのは、良い気をしない人もたくさんいますし、見下されたと思い込み、攻撃的な感情へと変わってしまう人もいます。

ですから仲良しな先輩であっても、事前に「これからは、ため口も使っていっていいですか?」と事前に確認をとるなりの行動を起こしておいた方が、より二人の関係を壊す原因を避けることにも繋がるのです。

あなたが、ため口をきくような人は絶対に無理だと思うのであれば、今後付き合いを避けるのもありですし、相手のことを思って注意するのも大いにありです。

とにかくため口が嫌なのであれば、少し対処を変えていく必要があるといえるでしょう。

また、「見下す人の心理と特徴7つ」もセットで読んでみましょう。

なぜ見下してしまうのか?そんな人の本音を確認することができます。

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP