ペンギン系女子の特徴と恋愛傾向

 

失敗・反省すると重くなる

ペンギン系女子は仕事で失敗したり、叱られたりすると、完全に落ちます。

その落胆振りがあまりに凄すぎて、周囲の人もなんて声をかければ良いのか分からないほどに反省し、落胆してしまいます。

こうした打たれ弱いところもペンギン系女子の特徴の1つとなっています。

あれをこうしたら、うまくいったのに、など頭の中は失敗したことで一杯になるため、他のことが考えられなくなるのです。

気分の切り替えをする練習をすることでもっとうまく世間を渡っていけるようになります。

失敗は誰にでもつき物ですから、仕事では100%が当たり前ですが、8割を目処にして頑張っていきましょう。

慣れてきたら100%を目指すようにし、業務をこなしましょう。

基本的に仕事は100%が当たり前ですから、努力は惜しまないようにしましょう。

 

うつ病になりやすい性格とも言える

現実主義で落ち込みやすく、私生活でも真面目なペンギン系女子は、うつ病になりやすい人の性格の特徴に当てはまります。

そもそも日本人は真面目すぎる人が多いので、うつ病になりやすい性質を持っています。

ペンギン系女子に求められることは、たまには楽観主義になってみることです。

のんびりしていて現実主義なのがペンギン系女子のいいところですが、あまり頑なにペンギン系女子にこだわっていると、将来うつ病になる可能性も考えられます。

また、ペンギン系女子にはゆとり世代が多く、この世代は男女ともに現実主義が多いようです。

ペンギン系女子に憧れるのであれば、「ゆとり世代の恋愛の特徴」を参考にしてみるのもいいでしょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 12月 21日

アーカイブ

PAGE TOP