プレゼント好きな人の心理や動機7選

プレゼントされることによって、幸せな気持ちになれる人も多いでしょうが、世の中にはプレゼントすることが好きな人が存在します。

これは比較的女性の方が多いと考えられていますが、最近では男性であってもプレゼントすることが好きな人が増えてきており、様々な理由があり、プレゼントをしているのでしょう。

そんなプレゼント好きな人の心理を知ることによって、相手の本音を知ることができるはずです。

プレゼント好きな人の心理

好意の表れ

プレゼントをするということは、基本的に好意の表れと考えることができ、好きな人や恋人、既婚者に対して定期的なプレゼントをするのは、好意があるということを形で示しているのであると言えます。

実は、こういった定期的なプレゼントというのは、円満な関係を築くにあたって大事であるということが分かっており、心理学の世界ではこれを「好意の返報性」と呼びます。

好意の返報性とは、「自分が好意的な態度をとることによって、相手も同じように好意を抱きやすくなる」という心理効果のことを指し、人は好意を示されると、その好意を返そうとする心理が働くのです。

よく得意先に対して、ちょっとしたプレゼントを渡す人がいますが、これはまさに好意の返報性を使ったビジネステクニックでもあり、芸能界でもよく見られる光景の1つですよね。

このように、プレゼントをされるということは、基本的には好意の表れであるか、普段の感謝の気持ちを表しているなどが考えられ、嫌いな人に対して起こす行動ではないということが分かります。

もしもあなたがよくプレゼントをもらうのであれば、それは恋人や既婚者から愛されているサインであるのか、または好意的であるサインであると捉えておくといいでしょう。

 

自己満足

自己満足のために、様々な人に対してプレゼントしている人もいるかもしれません。

よく勘違い男や勘違い女と言われれる人がいますが、こういった人は自己満足のために痛い行動に出がちであり、その行動をすることによって、自己満足感を得ているのです。

ストーカー扱いされる人が典型的な例であり、相手が喜んでくれていると勘違いしている人は、一方的にプレゼントを贈り、相手に恐怖心を与えてしまいます。

上記のような例であれば、悪気はないのかもしれませんが、自己満足のために行動を起こし続けると、結果的には相手を苦しめかねないということを覚えておくといいでしょう。

 

プレゼント好きは女性に多い

脳の違いによって

プレゼントというのは、男性であっても女性であっても効果的であることに間違いありませんが、女性の方がプレゼントが好きである傾向が見られます。

これは男性と女性の脳の違いが関係しており、女性は右脳と左脳の情報の行き来がスムーズであるために、最も喜んでくれるプレゼントを選ぶことや、物を比較してよりいい物を選ぶ能力に長けています。

ですから女性の方が買い物は長いですし、いろんなお店を回って、最終的に決断を下すことも多くなるというわけです。

当然喜んでもらえるプレゼントを選ぶことが得意ということは、相手が喜ぶ顔を見れられる確率も高くなるということであり、相手が喜ぶ顔を見て、自分自身も自己満足できるため、女性の方がプレゼントが好きである人の割合が高いということに繋がります。

また、女性は友達の情報をよく知っていて、女子会などで最近の自分の情報をシェアする傾向があります。

固定ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP