顔色を伺う心理【癖や疲れがある人は見てください】

特にあなたがあまり好きではない人に対しては、相手も同じくあまり好きではないと思っている確率が高くなり、嫌悪の返報性により、嫌いな気持ちは相手にも動きやすくなります。

デートで二時間喋りっぱなしという場合であれば、疲れているという気持ちに対しての、会話を続けることの拒絶となるために、すぐにその場を切り上げればOKですが、心から拒絶されている場合は、あなたもその人との付き合いを考え直し、無理に付き合う必要もないのです。

 

過剰にすれば、嫌われます

いかがだったでしょうか。

顔色を伺うことを過剰にすれば、相手は不愉快な気持ちとなり、うざい、めんどくさい、といった感情を抱かれてしまう原因を作りかねません。

あなたにとって良いことであることも、相手からすれば、不愉快となってしまうことがある顔色の伺いすぎは、あなたにとってもデメリットが大きく目立つ結果をもたらします。

その時にきちんと謝罪することができれば、それほど大きな問題となることもないのですから、お互い様だという気持ちで、多少失礼なことをしてしまっても気にしないくらいの気持ちで、怯える必要などないのです。

次のページでは「身振り手振りの心理〜大きいほど信頼できる3の理由」について、説明していくので、こちらの心理学も是非あなたの人生に役立ててみましょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP