したたかな男の特徴と口癖7選

したたかな男というのは、愚痴をこぼす時であっても、「〇〇な良い一面もあるけど…」と、きちんとフォローを入れるような男性であり、全否定するようなことはしません。

さらに目立つことはしないものの、影でしっかりと信頼関係を築いていたり、聞き役に回るなど、自分が悪い印象となるようなことを回避することが上手であるために、人望が厚く、影の人気者です。

グループ内で喧嘩が勃発した時などにも、いつも間に入ることができるタイプというのは、したたかな性格である人が多く、人望が厚いために、味方となってくれる人が多いので、敵に回すと怖いタイプとなりやすいのが、したたかな男です。

 

成功者になれる

したたかな男は芯が強く、粘り強いということは、失敗しても諦めない、失敗を経験に生かすことができる性格であるとも言えます。

継続は力なりという言葉がありますが、一つのことを諦めずに粘り強く続けていくことは、どんな人であっても徐々に成長していくものです。

さらに印象操作が上手であったり、人を動かすのが上手であるため、人の上に立っても上手に人付き合いができ、他人から羨ましがられるような地位を築くことも可能です。

内面の強さが見られ、自分を強く信じることができるしたたかな男は、本当にやりたいことが見つかったり、一つのことを貫くまで夢中になることに出会えれば、粘り強く結果を残していけるタイプであると言えるのです。

 

捉え方次第では、褒め言葉です

いかがだったでしょうか。

したたかな男と言われることが、悪い意味ばかりではないということが分かったかと思います。

もしも悪い意味で言われてしまったとしても、裏を返せば芯が強い性格であるとか、成功者となれる可能性もあるんだ、という捉え方をすることで、どちらにせよ良い意味となりますよね。

他人の視線ばかり気にしていては、生きることに疲れてしまうために、完璧な人間など存在しないということを理解し、したたかな性格であるというメリットを生かし、今後の人生に大きく役立てていけるとベストではないでしょうか。

また、したたかな人=自分の話をせずに聞き役に回ることが多い、という共通点があるわけですが、「自分の話をしない人の心理」というのも、この際に知っておきませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP