運転好きな人の特徴9選

その証拠に、空間認知能力が優れている男性の方が、運転が得意であると思う割合が高いという調査結果が、マーケティングリサーチ事業でも発表されており、デートなどで運転することが多いのも男性です。

こうした傾向からも、男性の方が運転好きである割合は高いことに繋がります。

 

派手な車、高級車に乗っている

派手な車や高級車に乗る人は、どのような理由で乗るのかを考えると、もちろん自分の体を守るために高級車に乗るという人も多いでしょうが、特別感や優越感を味わうために、こうした車に乗る人もたくさんいます。

自分は他者より優れているとか、特別であることの証明として、派手な車や高級車を選ぶ人は珍しいことではなく、さらには高級車となれば優越感に浸ることができます。

こうしたことを他者にアピールするためには、運転する必要がありますよね。

運転は嫌いだけども、常に車を出して運転好きをアピールすることで、遠回しに自慢している人が必ずいるはずです。

 

世話好きである

ダメ男やダメ女を喜んで迎えいに行く人がいますが、こうした世話好きである人の多くは、運転をかって出ます。

世話好きな人は、放っておけない性格である、感謝されることが嬉しい、ダメな人と相性がいいという特徴が見られるため、明らかに利用されている関係であっても、放っておくことができません。

都合のいい時にお迎えを要求されたり、歩いて帰るのを放っておけない人は、まさに世話好きであり、足として利用されやすい人であるとも言えるでしょう。

 

走り屋である

ドリフト族や峠族など、今では減ったと言われる走り屋ですが、車をこよなく愛する走り屋は現在でも存在します。

車好きと運転好きは少し違いますが、走り屋は自分の運転スキルを上げるためにも、たくさんの経験をする必要があるのです。

こうした理由から、走り屋も運転好きな人の特徴に当てはまると言えます。

 

車は自分の大事な居場所です

いかがだったでしょうか。

運転好きな人にとって、車は自分の大事な居場所であることは間違いなく、自分だけの空間であるような場所であるだけに、誰にも邪魔されない無敵の空間として、快適にドライブすることができます。

特に男性の方が車にこだわり、車好きが多いというイメージが強い人も多いでしょうが、それは自分の居場所を作りたい男性の欲求と、他者へのアピールの道具として使える競争心が強い男性にとっては、非常に使い勝手が良いアイテムであるからなのです。

女性でも運転好きな人はたくさんいますが、ストレス解消や気分転換などの様々な理由で、運転にはまってしまうことは間違いありません。

次のページでは、「電車嫌いな理由や苦手になるきっかけ10選」について、心理学の知識を使って解明していきます。

運転好きな人ほど電車嫌いである人も多いと思うので、ぜひ一度目を通してみてください。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP