ぶっ飛んだ人の特徴やエピソード10選

ソフトバンクの孫会長を例に挙げてみると、孫会長の総資産は100億円以上であると報道されている一方で、実はソフトバンクは驚くほどの借金を抱える企業であります。

2016年に東洋経済オンラインが発表したランキングによると、なんとソフトバンクのネットキャッシュはマイナス9.3兆円と発表されており、500社ランキングの1位で紹介されています。

これは常に自分を追い込み、茨の道を歩み続ける孫会長のぶっ飛び具合が分かる一面であり、逆境を楽しみつつ成長していくことができるからこそ、成し遂げることができる超人技とも言えそうです。

 

奇行が目立つ

奇行を起こした芸能人や、奇行癖がある人など、世の中には多くの人が理解できない行動を起こす人がいます。

例えば、アップルの創設者で有名なスティーブ・ジョブズは、エレベータ内で一緒になった社員に対して、「君はアップルのために何をしている?」と質問したところ、社員は答えることができませんでした。

するとジョブズ氏は、何とその社員を解雇してしまったのです。

他にも、秘書がいつもと違う水を持ってきたことを理由にクビにするなど、様々なエピソードが存在しますが、こうした奇行が目立つ人=ぶっ飛んだ人の特徴であることは否定できません。

 

超がつくほどのナルシスト

ナルシストほど他人からの視線を気にしているために、周りが共感できないような考えをしたり、行動をとりがちですが、超がつくほどのナルシストともなれば、やはりぶっ飛んだ人であると周りから認められるエピソードもたくさん出てきます。

例えば、自分をより美しく見せるために数十万もするカメラを購入したり、毎回のように決めポーズを決めていたり、自分は有名人だという勘違いをするなど、超がつくほどのナルシストは、思い込みや行動も周囲に理解されず、批判されないナルシスト仲間で集まる傾向が見られます。

整形依存症と呼ばれる人は、数千万というぶっ飛んだ金額を使っていることからも、こちらも特徴に当てはまると言えます。

 

ルールや道徳心、倫理観などを守れない

これはサイコパスの特徴でもあり、凶悪事件を起こしたり、世界を震撼させた事件を起こした人の中には、サイコパスであったと言われるケースは珍しくありません。

ぶっ飛んだサイコパスと言われる凶悪犯罪は、驚くべき名言などを残していることからも、こうした人はぶっ飛んだ何かを持っていると、多くの人が思っているはずです。

 

【注意】こんなぶっ飛んだ人は避けて!

いかがだったでしょうか。

最後に、あなた自身の身を守るためにも、警戒心を持つべしぶっ飛んだ人をお伝えしておきます。

それは一言で言えば、サイコパスと言われる人であり、ゾッとした言動などが見られる傾向にあるため、しっかり特徴と見分け方を知っておきましょう。

そこについては、次のページの「サイコパスの特徴と見分け方」にて、詳しく説明していきます。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP