関西人の性格傾向と特徴11選

こちらに関しては、住む地域によって作られるライバル心などが関係しており、テレビなどでもよく取り上げられるのは、神戸、大阪、京都の3都市であり、滋賀と京都も比較的目にすることが多いです。

「関西人はせっかちって言うけど、神戸の人はお上品でハイセンスな人が多い!」など、地域によって異なる性格傾向や特徴を、ひとまとめにされることをあまり好まない人がいることは、間違いありません。

※関連記事:「大阪人の性格の特徴
※関連記事:「京都人の性格の特徴

 

会話のテンポが早い

会話のテンポが早く、特に面白いことを言う際にテンポを大事にするのが、関西人の特徴であります。

漫才師などを見ていても、テンポを大事にしていることは当然、やはり人を笑かそうとする場合や、その場を盛り上げるためにはテンポが大事です。

もちろん芦屋など、高級住宅地に住んでいるマダムと呼ばれる人はかけ離れているでしょうが、普段ゆっくりと話すことを心がけている人であっても、笑かそうとする場合や、返しを必要とする場合には、テンポが早くなってしまうのが関西人の特徴となります。

 

関西人独特のプレッシャーがある

関西人独特のプレッシャーとは、「関西出身だからボケには面白い返しを…」とか、「面白い会話を期待されている…」といったことです。

さらに期待されているプレッシャーがのしかかり、いつも以上に張り切り過ぎてしまう人がいるのも、関西独自の悩みの1つであります。

よく耳にする悩みとしては、「関西出身だから、無茶振りされて困る」ことであり、どんな会話でも面白い返しができるはずもなく、「どこにツッコミどころがあるねん!」と、心の中で思ってしまうこともしばしば。

 

他の地域でノリやボケが通用しない

関西独特のノリやボケは、他の地域ですぐに通用するものでもなく、特に関西人は冗談好きな人が多いために、関西で通用していた冗談が通用せずに、戸惑ってしまうことがあります。

これは他の地域の人も同じく、関西人の話のテンポやノリについていけないという相談が、知恵袋などでもたくさんされているので、お互いに抱きやすい悩みの1つなのでしょう。

“号に入れば郷に従え”という言葉があるように、その地域では関西色全開でいくのではなく、ある程度その地域の色に合わせる方が、馴染みやすくなることは間違い無いでしょう。

 

せっかち

これは説明するまでもなく、有名な性格面での特徴となります。

特に大阪人はせっかちであり、エレベーターのボタンを連打してしまったり、待つことが大っ嫌いであるため、行列に並ぶ必要のあるお店を避けやすいのも関西人特徴であります。

 

イメージと一致しないことも多い

いかがだったでしょうか。

関西地域以外の人が抱くイメージと、実際の関西人とのイメージが違うことは当たり前であり、テレビなどで紹介される関西人の多くは、面白い人をピックアップしているからです。

例えば、大阪のおばちゃん=トラ柄と放送されることが多いですが、あれはほんの一部であり、大阪のほとんどのおばちゃんはそこまで派手でもありません。

あなたが住む地域でも同じと思いますが、テレビの印象操作に、勘違いしている人が必ず世の中には存在するのです。

次のページでは、「大阪人の性格の特徴」について紹介していくので、関西人と大阪人での違いがどれだけあるのか?に注目しつつ、読み進めていきませんか?

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP