ブスカップルほどいちゃつく心理〜あるある10選

例えば、綺麗な景色でキスをするイケメン美人であれば、風景に溶け込むような綺麗な景色であるため、それほど脳には残りません。

一方でブスカップルである場合、普段はテレビなどでも見慣れていない衝撃の映像が眼に映ることで、その時の衝撃が強く印象に残ってしまうのです。

その結果、ブスカップルほどいちゃつく割合が高いと思い込んでしまうことに繋がっているのでしょう。

 

他にもある!ブスカップルあるある10選

互いに清潔感がない

ネットで公開されたブスカップルのいちゃつき画像を見てみると、どちらも清潔感にかけており、魅力的に見えないという共通点が見られます。

歯がなかったり、極度に太っていたり、安っぽい服を着ているなど、とにかくブスカップルほど清潔感に欠けていることが多いです。

逆を言えば、清潔感に欠けるために、より一層ブサイクに見えてしまうという現実があるとも言えます。

 

悪=かっこいいと思っている

陰キャラと呼ばれた男ほど、大人になっても悪をかっこいいと思っていたり、女性の前でカッコ良いところを見せようと、前方の車を煽ったりもします。

他にも、タバコを吸う自撮りを女性に送ったり、髪の毛を染めて悪い自分を演出したり、サングラスをかけて怖い自分を演出するなど、ブサイクに限って図々しい態度を取っている姿は、街中でも良く見る光景です。

 

どちらかデブかチビの確率が高い

デブかチビであることは魅力に欠ける原因の1つであり、特にチビデブであったり、チビで足が短い人は、あまりスタイルが良いとは言えません。

デブに関しては、何をしても醜いと評価する人もいるほどなので、痩せないことにはブサイクを卒業することは難しいでしょう。

 

ファッションセンスがない

ブスカップルほどファッションセンスがなく、ヨレヨレの服を着ていたり、デブなのにミニスカートを履いていたり、汚い靴を履いていたりもします。

少しでも見た目の評価が高い人との交際を望む人の場合、まずは自らを変えることを優先するため、ブスカップルほどファッションセンスがないという特徴が見られやすくなるのです。

 

アイドルオタク、アニメオタクが多い

アイドルオタクにはブサイクが多いとか、アニメオタクにはブサイクが多いと言われがちですが、これはあながち嘘ではありません。

イベントに足を運ぶと一目瞭然であり、イケメンや美人を目にすることは本当に珍しいです。

類は友を呼ぶとも言いますので、ブスカップルが多くなる理論も納得です。

 

過去のあだ名が面白い

見た目からつけられたあだ名が笑えるものであったり、中には本人は傷つくであろうあだ名をつけられた人もいることでしょう。

あだ名のおかげで人気者になれたというブサイクもいれば、惨めな思いをしたというブサイクもいるはずです。

 

互いに自撮りが嫌いである

自分の容姿にコンプレックスを持っていたり、自信がない人ほど自撮りを嫌がり、写真が嫌いであったり苦手である確率が高くなります。

写真に自分のブサイクな姿が写ることによって、嫌いな自分を見ることに繋がりかねないためです。

 

イケメンや美人を避ける

ブサイクな女性はイケメンと目をあわせれなかったり、ブサイクな男性は美人に話しかけれないなど、ブサイクな人ほど容姿の評価が高い人に対して妙な緊張感を持ち、冷静さを保てません。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP