落ち着きがない人の特徴と対処法

神経細胞における情報伝達がうまく機能していないと考えられています。

服薬治療、行動療法などを専門医のもとで行って、社会に復帰しようという取り組みが行われていますが、大人ADHDの場合は非常にそれも難しいと言われています。

薬物療法は効き目はありますが一時的な効果しかもたらしてくれません。

ですから基本的には行動療法がメインとなります。

こんなケアレスミスをするなんて前指摘しただろう、と上司に注意されても、その指摘がなんだったのかあとから思い出せないのが大人ADHDの特徴です。

本人の性格が忘れっぽいだけではないので、きちんと理解してあげましょう。

 

同じ会社に勤めるのが難しい

ずっと同じ会社で勤めるには、大人ADHDの方は難しいといえます。

なぜなら、多くの大人ADHDの方が実際に会社を転勤しているからです。

会社仲間や上司に大人ADHDを理解してもらえずに、揉め事になってしまい辞めてしまうケースが多いようです。

問題が出てしまって、また同じような問題の繰り返しなので、相手側もイライラしてしまうのでしょう。

大人ADHDと判断された方は、しっかりと理解してくれる会社に勤めることをおすすめします。

 

自分も大人ADHDかもと頭を悩ませる人

自分も大人ADHDかもしれないと頭を悩ませている人は多く、多くの人が悩んだままで診断してもらっていないという状況です。

一度心配になると頭から離れずにストレスとなり、そのストレスが原因で新たな精神病などに繋がることも少なくありません。

自分も大人ADHDかもしれないと思った方は、サイトで質問するなどよりも、まずは診察してもらうことをおすすめします。

悩む期間が長ければ長いほど、体にストレスや負担が大きくかかっているということを知っておきましょう。

固定ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 31日

アーカイブ

PAGE TOP