愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

逆に愛想がある女の場合、弱さを見せることで男心をくすぐったり、心を開くことで相手の信頼を勝ち取ることが得意であるため、世渡り上手だと評価されやすくなります。

友達ができにくいとか、近づいてくる人が少ないなどの悩みがある人は、ぜひ積極的な自己開示を試みてください。

 

会話中に目を見ない

視線を合わせないのは心を開いていない証拠であったり、関わりたくないというサインでもあります。

さらに会話中に目を合わせないことは、相手に不信感や無愛想であると思わせる仕草でもあるため、結果的に愛想が悪い女であるとの評価に結びついてしまうのです。

逆に愛想が良い女は、あえて視線を合わせることで男を勘違いさせたり、ポジティブな未来を想像させることができるため、ちやほやされたりモテやすくなります。

 

否定的で文句が多い

愛想がない女は勘違いされることや、自分という人間を分かってもらいにくいタイプであるため、「分かってもらえなくて結構」という態度をとったり、否定的な発言をすることで、相手を近づけようとさせません。

さらに否定的であったり文句が多いことは、愛想が悪いとのイメージにも繋がりやすいことから、愛想がない女ほど否定的で文句が多いという特徴を挙げることができるのです。

 

挨拶が下手である

挨拶はその人の印象を決める大きな要因であり、挨拶ができない人は非常識であるとか、根暗であるなどの評価をされやすくなります。

これは接客業を例に挙げると分かりやすく、愛想が良い店員はニコッと元気に挨拶する店員であるのに対し、愛想がないとか悪い店員は笑顔も見せずに対応もよくありません。

接客業のように接する必要はありませんが、挨拶を意識してみるだけでも愛想がないとの評価から遠ざけることができるので、そこを意識してみるのもありです。

 

楽しい感情が伝わらない

自分の中では楽しんでいるにもかかわらず、その感情が伝わらないことで相手に気を使わせたり、そもそも楽しい感情を伝える方法が分からないというのも、愛想がない女が抱きやすい悩みの1つです。

楽しむべき場面で楽しむことができるのであれば、あなたは冷めてる女ではないはずですが、楽しい感情が伝わらないことが原因で、「冷めてる性格だな〜」なんて評価に結びついてしまう可能性があるため、楽しい時には笑顔を少し見せると効果的です。

 

隙がないので面白みがない

愛想がない女は近づきにくいとお伝えしましたが、無表情であることやテンションが低いことは、相手に隙を見せることができませんし、心を開かない限りは相手も興味を持ってくれません。

故にデートに誘ったり連絡交換をする隙が見られず、一緒にいてもどこか面白みがない性格だと思われてしまいやすいです。

これはデートだけに限らず、食事や遊びなどに誘う条件も同じであるため、好意的に思われていても近づきにくく、相手に余裕を与えることができません。

 

無理をしてストレスを溜めがち

愛想がない自分を変えたいとか、愛想笑いにチャレンジしてみた結果、やはり自分には合わないことを自覚することや、無理をしてストレスを感じやすくなったり、疲れてしまうことで、なかなか愛想が良くならないと悩むことは珍しいことではありません。

実際に、長く生きていれば愛想が良い方が得することも多いですし、特別扱いされたり良い人扱いされることも多いと感じている人も多いのではないでしょうか。

無理をしてストレスを溜めてしまう人は、どうか自分にあった対処法を見つけ、少しの工夫で印象をグッと変えれる自分なりの方法を見つけることが重要となります。(最後に簡単に探す方法をお伝えしています。)

 

人と接するのが苦手

愛想がない女の特徴として、人と接すると緊張して顔が引きずってしまう、人見知りでおどおどしてしまうなどの特徴が見られ、本当は自分の意見や言いたいことがあるにもかかわらず、本心を言えずに後悔してしまうことがたくさんあります。

基本的に人と接するのが苦手な人は、相手の反応を見て「嫌な思いをしているのかも…」などの不安を抱えがちですが、一つのことに精一杯で笑顔や視線を合わせるなどといった考えをすることができません。

つまり自分に精一杯であり、小さなことにいつまでも捉われてしまうのです。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP