愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

 

物静かで口数が少ない

物静かで口数が少ない女ほど愛想がない理由としては、積極的に相手と接しようとする気持ちが薄いことにあり、自ら仲良くなりたいと接する回数が少ないため、常に受け身で急な対応が必要となります。

受け身となることは好意的な相手でない可能性も上がりますし、急な対応では笑顔を見せるなどの対応ができないことも多くなるのです。

さらに物静かで口数が少ない人ほど人と接することが苦手で、内向的な性格であることも多いことから、特徴に当てはまると考えることができるのです。

 

聞き下手である

人と接することが苦手な人は自分に精一杯とお伝えしましたが、聞き下手である人は「相手の会話中に自分の答えを考えてしまう」という悪い癖があるため、相手にとっては真剣に聞いていると受け止めにくく、勘違いされる原因を作ってしまいかねません。

愛想よく受け答えができる人は、視線を合わせて笑顔で相手の話を聞くことができる一方で、愛想がない人は聞くよりも答えに夢中になってしまうのです。

こうした悪い癖がついてしまっている人は、「とにかく落ち着くこと」で会話に余裕ができます。

 

自らコミュニケーションを取れない

自らコミュニケーションを取ったり、積極的に仲良くなろうとするためには、笑顔やサービス精神が必要となりますが、それができない人は愛想がない女となりやすく、孤立を招いてしまうことになりかねません。

愛想がある女性の場合、相手の質問に答えるだけでなく、自分はこんな人間であるという自己開示を積極的におこないますが、愛想がない女はそれが簡単にできません。

つまり愛想がない女ほど、自己開示を積極的におこなう必要があるのです。

 

その場しのぎのコツを覚えると良い!

いかがだったでしょうか。

愛想がないと自覚してる人の多くが、社会に出ると最低限の愛想は必要だという事実に気づかされていることでしょう。

もし愛想がないことに頭を悩ませているのであれば、無理をしてもストレスや疲れの原因となってしまうだけなので、その場しのぎのコツを覚えておくと良いでしょう。

例えば、挨拶時にはニコッと笑顔を一度だけ見せるとか、視線を合わせる回数を増やしてみる、会話は短めでもテンションを上げてみるなど、自分が疲れないその場しのぎを見つけることで、愛想がないとの評価からおさらばすることができるはずです。

自分なりで良いので、楽に印象が変わる方法を見つけてみましょう。

次のページでは、「孤独な人の特徴20選〜人生寂しい人は集まれ!」について、孤立を深めてしまう要因を20にまとめていきます。

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP