とろい人の特徴や向いてる仕事15選

一方でこのタイプは相手の話をきちんと最後まで聞けたり、相手を理解しようときちんと話を聞くタイプであるため、話の途中に遮るような言葉を発しないという良い特徴が見られます。

 

キャパオーバーしてしまう

とろい人とは頭の回転が遅い人でありますから、頭を働かせて効率化しなければならない場面では、自分一人でなんとか切り抜けようと焦ってしまい、キャパオーバーを起こすことになりがちです。

キャパオーバーとは、「要領を超えている」という意味であり、自分一人ではこなせない量に対して、一人で処理しようとすることがキャパオーバーの例です。

とろいことによって次から次へと問題が発生したり、悩みが頭を独占することは、負の連鎖を招いてしまうきっかけを作り、最終的にはミスや自分を追い込んでしまう原因となります。

特にせっかちな人との仕事ともなれば、相手のペースについていけずにミスを犯してしまいやすいので、事前に優先順位ややるべきことを明確にしておくと良いでしょう。

 

コミュニケーションが苦手である

とろい人は過去の失敗から自分に自信を持てなかったり、物覚えが悪いことに不安を抱くことから、コミュニケーションを積極的に取れなくなったり、自ら孤立する道を選択する人もいるほどです。

それだけ罪悪感を感じており、真面目な性格であると捉えることもできますが、コミュニケーションが苦手であったり、取ることを避けてしまう選択をし続けることは、とろい人やできない人と評価されることに繋がり、影でバカにされてしまうケースが非常に目立ちます。

コミュニケーションをしっかりとっていれば、人間関係を良好に保つことで悩みを聞いてもらったり、分からないことを聞くことができますが、コミュニケーションを避けることは全て自分に返ってくると覚えておきましょう。

とろいからこそコミュニケーションをしっかりとり、孤立しない環境を作り出すことが重要なのです。

 

とにかく要領が悪い

とろい人は準備においても仕事においてもとにかく要領が悪く、優先順位の理解や計画を甘く見積もってしまうことで、相手を待たせてしまう結果を招きやすいです。

そのためとろい人ほど無理をしないことや、自分の能力をしっかりと把握しておくことが重要となり、要領が悪いことは生きていく上で何かと不便となってしまいます。

さらに要領が悪いことは、何かと遠道をしてしまうことになることからも、とろい人ほど大器晩成型が多いと考えることができます。

器用貧乏とは違い、時間をかけてじっくりと実力をつけていくこのタイプは、マイペースに長く続ける仕事につければ、やがて大きな実力を発揮することとなるでしょう。

 

仕事が続かず、転職を繰り返す

とろいことが原因で職場で孤立したり、仕事ができないとの烙印を押されることから、仕事ができないとろい人ほど転職を繰り返し、自分にあった仕事を見つけることが難しいという悩みを抱えることになります。

その証拠に、「とろい人に向いている仕事」というキーワードが年間1000件以上検索されており、自分にあった仕事を探す人が多いということがわかります。

プライベートでゆったり生きることは大賛成ですが、仕事でゆったりされることは、周りに迷惑となるケースが非常に多いのです。

 

とろい人に向いてる仕事とは?

工場でのライン作業

工場でのライン作業と言っても、場所によればかなり焦らなければならないケースがあるため、比較的ゆったりと焦らずマイペースにできるライン作業を見つけて、そこに長く働くのがおすすめです。

とろい人と言っても、工場のライン作業は毎回同じ作業の繰り返しであるに加えて、覚える量が少ないので慣れる期間が短いことがおすすめポイントです。

インスタントラーメンや冷凍食品など、食品系のライン作業は基本的に大量に作る必要があるので忙しくなりがちですが、それでも一日あれば慣れる人がほとんどです。

どこでも良いのでとにかくライン作業を経験してみて、自分が一番居心地が良いと感じる職場を見つけることができれば、向いている職業として長く続けることができることでしょう。

 

警備員/見回り

警備員や見回りは基本的に一人で行うことが多く、マイペースに仕事を着々と進めることができます。

とろいという文句を言われることもなく、時間内にしっかりとやることさえできれば評価される仕事となるので、とろい人に向いている仕事です。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP