根は真面目/根は優しい人の特徴〜隠れた本当の意味とは?

 

包容力があったり、余裕がある人

見た目は性格が悪そうに見えたり、きつい顔をしているなどのイメージを持たれがちな人が、辛い時に優しく包み込むような優しさを見せた時に、根は優しいと評価されることになりがちです。

包容力があると思われる瞬間とは、「笑顔で聞き上手な人」「常に冷静で客観的に物事を見れる」「気持ちが落ち着くまでそっと隣でいてくれる人」などが、包容力がある人に当てはまり、こうした人は余裕がある人であるとも言えます。

他にも、普段はそれほど優しい言葉をかけない人が、本当に困っている時に包容力を見せたり、余裕がある対処を取ってくれた時などに、根は優しい人なんだと思われます。

普段から包容力があると評判の人は、ただの優しい人である一方で、普段から見せない人になれば、根は優しい人であると言葉が変わってしまいます。

 

欲に負けず、ルールやマナーをきちんと守る

例えばルール違反をしながらお金を稼いでる人がいたとして、こうした人が過ちに気づき、やめる決断をしたとしましょう。

こうした人は本来であれば、ルール違反をした最低な人だと評価されるべきですが、自分の過ちに気づいて欲に負けず、やめることを決意できた心意気は、まさに根は真面目であると評価されるべき行動です。

実際に、スロット動画を撮影して動画投稿し、毎回のように20万弱の再生回数を叩き出したユーチューバーがいましたが、彼は本当は無断で動画撮影してはいけないルールを守るために、月に600万再生以上もされる動画投稿をやめる決意をしたのです。

こうした人も、ギャンブル大好きで一見イメージは良くないですが、欲に負けず投稿をやめる決意をしたことで、多くの人から根は真面目でいい人だと評価されることになったのです。

 

SOSを無視しない/犠牲にできる人

他人のSOSを無視せず、きちんと対応できる人は素晴らしい人の一言であり、忙しい社会人は自分のことで精一杯であったり、時間のロスを恐れて見て見ぬ振りをする人がほとんどです。

そんな中でも、自分の時間を犠牲にしてまでも困った人を助け、無償の優しさを持つ人がいますが、普段からあまりよく思われていない人がこうした行動をとった場合は、間違いなく根は真面目/根は優しいと噂になることでしょう。

ホストやキャバクラなどの、水商売している人もあまりイメージは良くないことが多いですが、こうした人が重いものを持つおばあちゃんの荷物を持ってあげたり、ベビーカーを押すママさんにドアを開けてあげるなど、少しの優しさが見えた時にも当然ながら評価は上がりやすいです。

逆を言えば、普段から良い人を演じている人がそれを無視すると、「なんかガッカリ。」と大きく評判を落としかねないので、真面目で優しそうに見られる人ほど注意が必要となります。

 

嘘や曲がった事が嫌い!道徳的な人

学校でヤンキーと呼ばれる人が、曲がった事が大っ嫌いでいじめを助けたり、嘘をつくことが大っ嫌い、喧嘩などの人を傷つけることが大っ嫌いであった場合に、同性から憧れの存在として認められ、根は真面目で優しい人だと評価されることになるはずです。

他にも、礼儀やマナーを重んじる、約束は必ず守る、悪口を言わない、人が嫌がることでも積極的に受けることができる、などの共通点は、道徳的な人だと言われる人の特徴でもあります。

このタイプはとても異性から好感を持たれやすく、同性からは偽善者だなどと批判されがちな一面も見られますが、リーダーシップがあり、尊敬されやすいタイプだと言えます。

見た目ではそう見えないだけで、中身がとても綺麗で充実している人だと想定できます。

 

家族や仲間を大事にし、裏切らない

仕事は仕事と割り切って時には厳しい言葉を使ったり、自分自身にも厳しい人が、プライベートでは仲間を大切にしたり、親孝行をたくさんしている事実を知った時などにも、根は優しくて真面目な人なんだと気付かされ、大きく評価を上げることになります。

妙に割り切っている人は、人情味に欠けて思いやりがないと思われがちですが、彼らは決して薄情者なわけではありません。

ただ割り切って仕事をして、プライベートではありのままの自分をさらけ出した結果、思いがけないほど自分の評価が上がってしまうことも、よくあることです。

ちなみに異性であった場合は、社内恋愛に発展しやすいケースとなります。

 

根は真面目/根は優しい人の最大のメリット

ギャップ効果で高く評価される

ギャップとは、「最初に抱いたイメージと後に発覚した事実との差にできた感情」のことであり、後に発覚した事実が強調されてしまう効果こそが、ギャップ効果です。

ここでは何度も述べたように、見た目バリバリのヤンキーが実は動物が大好きであったり、思いやりがあって包容力があるなど、イメージとは遠く離れた事実を知った時に、後に発覚した事実が強調され、脳に強く残るようになるのです。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP