根は真面目/根は優しい人の特徴〜隠れた本当の意味とは?

すると最初は20点だった評価が、急に80点までうなぎ上りに上がった結果、「この人は素晴らしい人である」と感じ、恋に落ちてしまうことがよくあります。

根は真面目/根は優しい人と言われる人ほど、初めはそういう人物に見てもらえていないのですから、そう見られる人よりかは良い方向のギャップ効果が見られやすいと言えるのです。

また、ギャップ効果とは逆の効果も発揮してしまうことがあり、とても優しそうなイケメンが実は冷酷で犬を虐待するような人であった場合、急激に評価が下落してしまい、その時抱いた最悪のイメージが脳に焼きつきやすいです。

一方で、根が真面目/根が優しい人は、よくない事実が発覚しても「やっぱりか」と思われる程度なので、それほど評価を落とすこともありません。

ここもある意味メリットだと言えるでしょう。

 

根は真面目/根は優しい人の最大のデメリット

第一印象が悪い

最大のデメリットは何と言っても第一評価が悪かったり、勘違いされやすいことにあり、不真面目で優しくはないだろうと思われているからこそ、「根は」という言葉がついてくるのです。

第一印象を改善するためには、やはりまずは見た目を変えることが最も手っ取り早く、次に言葉遣いを変えることが重要となります。

最も、◯◯なタイプが苦手という苦手意識を持つ人もいるので、全ての人に好かれようとする必要はありませんし、それはあなたの立派な個性なのです。

ちなみに第一印象が悪いことは、モテない、面接で落ちやすい、近寄りづらいなどのデメリットが見られることから、とにかく第一印象をよくするに越したことはないでしょう。

第一印象さえ決まれば、後は自分の個性を出していくだけなので、初対面だけはきちんとした格好で会うことを徹底するだけでも、印象の悪さはかなり改善されるはずです。

一度試しに、自分が思われそうな第一印象を周りに聞いてみるといいでしょう。

 

自分らしく生きることが重要です

いかがだったでしょうか。

勘違いされやすい性格であっても、自分らしく生きることが重要であり、他人の視線を感じてばかりで、ヒヤヒヤして生きていくことは非常に窮屈さを感じてしまいます。

もちろん、自分らしくといっても他人に迷惑をかけたり、嫌がられることを続けるのは論外であり、そんなことを続けても孤立を深めていくだけです。

自分はこういう人間であるという自己開示がしっかりとできれば、本当に根は真面目であったり、根が優しい人は相手が気づいてくれるはずですから、こうした言葉に怯える必要は全くありません。

完璧な人間など存在しないことを理解し、自分の個性を伸ばしていくことができれば、やがて個性が魅力に変わる日がやってくること間違いなしです。

また、次のページで紹介する「感じ悪い人や店員の特徴〜最悪の共通点20選」もセットで読んでみることで、本当に嫌われてしまう人が取る言動が明確となり、避けるべき性格が明確になるので、是非読んでみてください。

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP