常識がない人と常識がある人の違い16選

暴走族やヤンキー、バカッターと呼ばれる人がこれに当てはまり、非常識なことをして注目を集めることで、自分にとってはそれが注目されている賞賛へと変わってしまいます。

逆に常識のある人は、そんなことをする必要もなく、普段から実力や容姿で目立っている人であったり、周りから賞賛されることが多い人と言えます。

悪いことをしてでも目立つ人は、普段から満たされない賞賛欲求を満たすために、悪いことをして目立ち、常識のない人だと評価されてしまうわけですね。

 

礼儀作法を意識するか/しないか

礼儀作法とはマナーのことであり、マナーが人を作るとも言われるほど、礼儀作法を重んじる人は成功しやすかったり、社会的地位が高くなりやすいです。

会社の代表ともなれば、どこで誰が見ているのかも分からないわけですから、ポイ捨てや迷惑行為など、会社の評価に直接繋がる負のイメージを避けることは当然です。

社会のマナー、世間の常識を知らない人が非常識であるように、社会経験が浅かったり、知識がない人ほど常識のない人が多くなると言えるでしょう。

人は誰でも恥ずかしい失敗を経験して、常識を培っていくのです。

 

常識1つであなたの評価が変わる

いかがだったでしょうか。

常識のない人に対して良いイメージを持たないように、あなたの何気ない1つの行動で大きく評価が下がったり、上がったりすることは間違いありません。

特に大勢の前では常識が問われ、常識のない行動をすればするほど、周りからの評価は落ちていく一方です。

マナーを全て身につけた上品な人になれとまでは言いませんが、最低限のマナーを身につけておくことは、常識のある人だと評価されることに近づくことでしょう。

非常識な人とは、周りを不愉快にさせたり嫌な人だと思われてしまう、好かれない人なのです。

だからこそ、世の中の多くの人がマナーに敏感で、常識のある人を目指していることは言うまでもありません。

また、次のページで紹介する「無知な人と博識な人の明確な違い14選」もセットで読んでみましょう。

無知は罪とも言いますが、無知である人の特徴を知ることで、あなた自身がどうなのか?の診断にもなります。

固定ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP