煽り運転の心理はスピード狂と同じ…絶対近寄るな!!

ヤンキーも同じく、万能感やコントロール幻想によりバイクで過激な暴走行為を犯してしまうわけですが、これに加えてヤンキーは賞賛されたいという強い欲求が特徴的です。

これは煽り運転や荒々しい運転する人にも繋がる心理で、煽り運転や荒々しい運転をすることで注目を浴び、その注目が「自分は賞賛されている」と間違った捉え方をした結果、こうした運転が止めれない人も中にはいます。

特に若い人ほど当てはまりやすい心理で、後輩にいいところを見せたい若いヤンキーがいたとすれば、煽り運転で相手をビビらせることで、後輩から注目を浴びて「さすが先輩っすね!」などと言われることで、自分が他者と違うことをアピールすることができます。

他にも、スピード違反を犯して逃げるなどの行為を行うことで、世間から注目を浴びて賞賛された気持ちに浸るこのタイプも、スリルを楽しむ人と同様に行動がエスカレートしてしまうことが厄介な一面となります。

こうした視野が狭い人は、いつも一緒にいるメンバー内のみで注目の的となるだけでも、すごく有名人になったかのような快感を得ることができるので、さらに注目されようと行動がエスカレートしていき、事故に繋がることも少なくありません。

このタイプが煽り運転を繰り返す理由は、自分がいかに悪なのかを周りに見せつけるためであり、仲良しメンバーにその行為を賞賛されるだけでも、自分という個人が認められたような気がして調子に乗ってしまうタイプなので、一度痛い目を見なければ行動が沈下することは難しいと言えます。

 

【注目!】煽り運転に対する本音が切実すぎる

日本最大級のクラウドソーシング、ランサーズにて、「煽り運転に対する本音と願いを教えてください」とアンケート調査を行い、切実な願いがどれだけあったのかという事実と、怒りに満ちた人が多い現実の声3選を以下にお届けしていきます。

女性の意見(甘め厳選)

煽り運転する人はすぐに運転免許を取り上げてほしいくらいです。

意味もなく車間距離を縮めてきたと思いきや、道を開けると我が物顔で飛ばしていき、挙げ句の果てに次の車まで突っ込んでブレーキを踏むという下手くそさは、女である私でも笑ってしまいます。

まさに変転下手で自己中な人なんだなと思いますし、こんな人が運転手なら千年の恋も冷めてしまうことでしょう。

周りの安全運転があってあなたが守られている現実にどうか気づいてください…本当に煽り運転怖いんです!

男性の意見(厳しめ厳選)

スピード出して煽り運転してきた挙句に、道を開けないと車線変更で抜く際に顔を見てくるやついてるよね。

小心者丸出しですし、見てきたところで相手にする気もありません。

もっと言えば、煽り運転を繰り返すバカな奴は近づいて欲しくもないし、さっさと警察に捕まって痛い目見ろ!と思うほどです。

バカに塗る薬はないと言いますが、痛い目にあって他人に迷惑をかけてからじゃ遅いんだよ。

そんなに自分勝手な運転がしたいのなら、せめて道路を購入して私道にしてくれませんかね?

まぁそんな余裕のない人ほど危険な運転繰り返して、命を大事にしないものですよね。

女性の意見(厳しめ厳選)

煽り運転にウインカーなしの車線変更など、だいたい運転マナーが悪い人は何でもありで、タチの悪い人は喧嘩腰でこっちを睨んでくるので、とっても嫌いです。

それに惨めだなーって思うのは、高級車が相手ならビビってスピード緩めたり、別車線で煽り運転をしていることで、ビビるんなら初めからするなよ!と思いますよ。

怒りが収まらないのでもっと厳しいことを言えば、ブサイクが煽り運転してると、顔も性格も終わってるんだなこの人って…笑

煽り運転を堂々とする人を、私は心の底から見下しています。

なぜなら、車って簡単に人の命を奪える能力があるのに、相手を恐怖のどん底に落とすような運転って、最低最悪でくそったれだと思いませんか?

 

まとめ〜煽り運転にはこう対処しよう!

いかがだったでしょうか。

自分勝手な煽り運転の心理とそれに対する本音が、とんでもないものであることを理解できたかと思います。

煽り運転に対する最も安全で効果的な対処法は、やはり道を譲ることにあり、本音の男性の意見でも書いていたように、「あー、バカが運転してるんだな」くらいに思えばいいのです。

こんなバカに付き合って事故を起こしても、損することばかりで得することは一つもなく、最悪のケースでは命を奪うことに繋がりかねません。

もう一度伝えますが、煽り運転する人は徹底的に避けるようにして、決して相手をするようなことは避けてください。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP