バカっぽい顔の特徴とは?ポイントと化学的証拠10選

このタイプは優しかったり、いい人であるという印象を与えやすい一方で、舐められて見下されやすい一面も兼ね備えています。

 

人中が深くて長い

人中とは、鼻の下から上唇に伸びる縦長の線のことであり、この人中が深くて長いほどバカっぽい顔に見えてしまい、特に全体的に長細い顔の人は、間抜けな顔に見えてしまうことがバカっぽさに繋がります。

こちらもアニメキャラで例えると分かりやすく、ちびまるこちゃんのはまじは、バカっぽくてポジティブなイメージが強いですが、これは人中が深くて長いことによって、より印象を強くしているものだと考えられます。

芸能界でも人中が深くて長い人がいますが、こうした人は最初にお伝えした知的に見られる3つの特徴に当てはまることから、それほどバカっぽさが出ませんが、はまじのように鼻が短くて豚鼻であったり、輪郭が広いことことによって、よりバカっぽい顔が出来上がってしまったわけなんですね。

さらにはまじは、上記でお伝えした歯がまばらなキャラクターであるため、究極のバカっぽい顔がつまったキャラクターと言っても過言ではないかもしれません。

 

出っ歯である

出っ歯が酷い人は常に口が空いてしまう事によって、ぽかーんとしたイメージを持たれやすく、少し話すと前歯が見えてしまうために、バカっぽい顔だと評価されやすくなります。

出っ歯が酷い人が全力で笑顔となれば、歯のインパクトが脳裏に残ることで、覚えられやすいインパクトのある顔だとも言い換えることができますが、やはり馬鹿っぽいイメージを払拭することは出来ません。

出っ歯は悪循環に繋がりやすく、前歯を隠そうと真顔になってもバカっぽい顔の特徴に当てはまりますし、口が空いてもバカっぽく見えてしまうために、明るいキャラで自分を売り出すことが、イメージを変える最も簡単な方法となる人も多いはずです。

また、出っ歯を隠そうと上唇を伸ばすことも、上唇が伸びることによって間抜けな雰囲気を作ってしまい、どこか抜けてそうな人だと思われることも。

つまり、口が自然と空いてしまうことは、天然であったり、しっかり者ではないという印象を持たれやすいのです。

 

ゴリラ顔や馬面顔な人

ゴリラ顔や馬面顔が知的に見えるかどうか?を考えると、どちらかといえばバカっぽく見えたり、それほど勉強ができなさそうだと思われやすく、野生の動物を連想させることから、勉強は苦手なのだろうと思われやすいです。

ゴリラ顔の人の場合は、むしろ怖そうな雰囲気やイメージを持たれたり、豚鼻である人が多いことがバカっぽい顔に見られやすく、馬面顔の人は顔が大きかったり、あごが広い人が多いので、バカっぽい顔の人の特徴に当てはまります。

ゴリラ顔は男性であれば男らしさを感じさせたり、強さを感じさせる魅力となりがちですが、歳をとるごとにバカっぽく見られたり、筋肉バカっぽいと思われやすいデメリットが隠れています。

 

【まとめ】どこかでカバーすべし!

いかがだったでしょうか。

バカっぽい顔と評価されるのは嫌ですし、そもそもバカっぽいことのメリットは少ないために、特徴に当てはまる人は違う部分でしっかりとカバーし、自分の見せ方を変える必要があります。

様々な方法が考えられますが、歯と髪型と眉を意識するのが最も簡単で、有効な方法になると考えるのが一般的です。

芸能人でもまず歯を綺麗に整えますし、おでこを出すことで清潔感をアップさせ、眉で自分が与えたいイメージをコントロールしています。

鼻やアゴなどは整形する必要があるため、簡単に自分を変えることはできませんが、髪形と眉を変えることはとても簡単なはずです。

自分ができる人だと思われたいのであれば、しっかりとおでこを出す髪形にしたり、DQNと思われそうな眉を卒業することで、ある程度自分の見せ方を変える事は可能なので、まずは自分がバカっぽい顔に見られる原因をはっきりとさせ、その原因をカバーする方法を考えてみるといいでしょう。

また、「【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実」もセットで読んでみましょう。

自分磨きをすることが自分にどれだけ大きなメリットとして返ってくるのか、科学的に証明された効果なども知っておきませんか?

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP