ライバル視の心理とは?する/されるの違いと対処法

ライバル視されるということは、相手がそれなりに能力を認めていたり、意識されるくらいに輝く魅力があるからだなどの、できるだけポジティブな方向に捉えるようにしてみましょう。

ピンチをチャンスに変える人は、どんな時もポジティブに捉えれる人であり、ネガティブに捉える人はピンチに対して、「運が悪い」などの正当化を心がけるだけの人なのです。

 

【まとめ】自分にとってプラスの選択を

いかがだったでしょうか。

ライバル視に対して嫌気がしている人も、相手を憎むことはあなたにとって何のプラスにもなりませんし、むしろ性格が悪いと思われる要因を作っていく一方です。

そうではなく、ライバル視に対しては「自分にとってプラスの選択」を心がけることで、ライバル視は良いことばかりであるとの考えができ、あなたにとってデメリットが最も少ない捉え方となることでしょう。

会社や学校でライバル的存在がいるのは当然のことで、何も不思議なことではないので、勝負を挑まれたのであれば堂々と引き受け、互いに高めあえる存在となれるのが理想的ですが、それはプライドがある人間にはとても難しいことです。

だからこそ、あなたにとって最も有効でメリットとなる方法を選ぶことが、一番楽で簡単な対処法となることは間違いなく、間違っても不仲となるような捉え方はしないことが大切です。

また、「レベルが低い人と高い人との決定的違い16選」もセットで読んでみませんか?

周囲からレベルが高いと認められる人と、レベルが低いと笑い者にされる人の決定的違いが、はっきりと理解できる1ページとなっています。

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP