日傘が邪魔!迷惑で危ない理由|怒りの声について

中には皮膚が弱かったり、皮膚ガンなどを恐るが故に日傘をさす人もいますが、やはり人が多い場所では日傘を直し、周りに迷惑をかけないことが必要だと思います。

また、「日傘をさしてる女性はだいたいブスである」に関しては、「ブスは日傘も否定されるのか…」と世の中顔が全てであることにがっかりし、厳しい現実に落ち込む人もいることでしょう。

 


「結論」嫌われるタイプとは?

日傘はマナーをきちんと守って使用している人もいて、周りに迷惑のかからない範囲内で使う人もたくさんいることが、この1ページで理解できたかと思います。

結局のところ、日傘が迷惑だとか嫌われるタイプの人に共通することは、「自分の立場か相手の立場か」の違いであり、自分の立場で物事を考えている人は、日傘をさすことで紫外線や暑さ対策となることを優先するため、周りの気持ちは無視してしまうことになります。

簡単に言い換えると、「自分が快適だからそれでOK」とか、「日焼けしないからそれでOK」という本音が隠れていて、それが行動に出た結果なのです。

こうした人は自己中心的な性格であるのか、または周りの空気が読めない無神経である可能性が高く、相手の気持ちを読み取る能力に欠けている人であることを覚えておきましょう。

皮膚が弱いので日傘をさす人もいますが、そうした人でも迷惑をかけない最大限の工夫をして、日傘を使用しているはずですから、周りに迷惑をかけることの原因は主に、性格にあると考えるのが妥当です。

関連記事:物音がうるさい人の心理とは?共通点/原因/対処法も

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP