巨人が嫌いな理由とは?アンチの声|そう思う人の意見10選

だからこそ巨人が嫌いになった人も多いはずで、応援するチームが負けることは悔しい思いと同時に、憎いほど強い巨人に対して嫌悪感を持ったり、イラっとしてしまうことも、巨人嫌いになった理由となり得ます。

今では広島カープや横浜ベイスターズなど、強くなることで人気になる球団が出てきましたが、こうした球団が強くなったり人気になるごとにアンチが増えているのが、巨人嫌いな人が多い理由と一致することも、納得できる理由の1つです。

また、巨人の次にファンが多い阪神にも一定数のアンチはやはり存在し、強い+人気という2つのアンチ要素を掛け持つ巨人は、どうしても憎い感情を持たれやすいのです。

 

巨人ファンが嫌い

巨人ファンが嫌いな人もたくさんいて、巨人ファンからすれば囲い込みも補強も、全て他のチームも真似すればいいとの主張ができますし、何よりアンチが多い巨人ファンでい続けることはストレスも溜まります。

特にネットでは巨人が負けると煽られ、勝つとアンチを煽り返すという戦いが繰り広げられてることもあってか、巨人ファンVSアンチという構造がネットでは出来上がっています。

また、中には巨人が強い歴史を背景に他ファンを煽る人もいれば、見下すような言動を繰り返す人もいるので、圧倒的に多い巨人ファンはこうした煽り発言も目立ちやすいのです。

巨人ファンが特別悪いという部分は特に見られませんが、人気者や強者はいつの時代も目立ちアンチがいるので、こうした強豪チームを応援することは、ファンにまでアンチがつきものなのも間違いのない事実です。

 

賭博等の問題行為

複数の選手による野球賭博が発覚したり、野球道具を盗んで転売するなど、読売ジャイアンツに所属する選手が問題を頻繁に起こしたことも、プロ野球ファンの怒りが巨人に向いてしまった要因で、「巨人のせいでプロ野球界が汚れて見られる」との声も上がるなど、数年の間に一気に問題が発覚しました。

また、現役選手のみでなくスタッフや元巨人の一流選手など、読売ジャイアンツに関わっている人の犯罪が発覚したことで、よりアンチが大きな声を上げるようになったことも、巨人嫌いな人に多く聞かれる意見です。

悪質なコメントが目立つまとめサイトでは、巨人に対して「犯罪集団」との書き込みが見られるなど、近年の巨人が起こした問題行為はアンチを楽しませ、違う意味で目立ってしまっていることも問題です。

巨人が嫌いな人からすれば、問題を起こすほどメシウマ状態となるわけですが、これは巨人ファンの心をより痛めることになりかねないので、匿名の暴言はアンチも気をつけなければなりません。

 

一方でこんな声も


弱い巨人はつまらない

巨人は強いからこそ倒しがいがあって、たった一勝でも心の底から喜ぶことができるわけですが、弱い巨人を楽してもそこまで喜ぶこともできずに、むしろどこか寂しいような気持ちにさせることは、巨人の魅力といえます。

昔であれば、11球団が巨人を倒しにかかる構造ができていたわけですが、力が均等になりつつある今のプロ野球界では、巨人一強時代もすでに幕を閉じています。

結果的に、昔からプロ野球ファンであった人たちからすれば、巨人が弱いことはどこか寂しくて、「やっぱり巨人は強い方が面白い」との意見も聞かれるほど、嫌われているようで好かれているのも巨人です。

好きと嫌いは表裏一体と言いますが、アンチ巨人は心の底から嫌っているように見えても、内心巨人の試合結果が気になって仕方なかったり、負けたくないと思う気持ちが強いことは、好きだからこその気持ちであるとも考えられます。

 

強いなら巨人がいい

広島カープが強い時代がこれからも続きそうですが、プロ野球ファンの中には「どうせ強いなら巨人がいい」との主張もあって、憎さがそれほどない広島カープに勝ったところで、嬉しさはそこまで大きくなりません。

強い巨人を倒してこその喜びを知る人からすれば、「どうせ強いなら巨人がいい」と思ってしまうのも、ある意味仕方がないことです。

特にアンチが多いと言われるセリーグファンからすれば、広島よりも巨人の三タテが気持ちよくて嬉しいと思ってしまう人が多いことも、こうしたアンチの主張を証明しています。

ちなみにこれは、阪神が三タテされて喜ぶ巨人ファンが多いのと全く同じ現象です。

 

嫌われることをして欲しい

賭博等の問題行為でもお伝えしたように、アンチにとって嫌われることをしてくれることは、煽りのネタや嫌いでい続けれる理由となるので、嫌われることをして欲しいとの本音を持つことは、何も不思議なことではありません。

問題行為でなくとも、例えばFA補強をたくさんして失敗して欲しいとか、高額な外国人をとって補強に失敗して欲しいなど、何かとネタ要素が欲しいのもアンチの心理です。

ここで成功してしまうと、アンチとしては粗探しのネタとならないことで、ストレスとなる可能性も高いわけですが、Bクラスなどの新たな粗探しをすることで、普段のストレスを発散することでしょう。

強い巨人が面白いと思う反面、FAなどの面では失敗して欲しいと願う矛盾の気持ちは、やはり心の底から巨人が嫌いになれない証拠で、弱い巨人はつまらないと思ってしまう瞬間でもあります。

固定ページ:
1

2

3

コメント

    • ニシムラ ユイ
    • 2020年 9月 02日

    私は以前大の巨人ファンでした
    中畑、篠塚、西本、松本、原の頃は楽しかったです
    そー巨人が育てた選手なんですよね

    いつぞやの開幕阪神戦、巨人が大量リードしててベンチが
    映ったとき広沢、江藤、工藤がヘラヘラと笑ってまして
    その試合勝ったときになんだかいきなりの虚無感が…
    その年巨人が勝っても喜べない自分がいました。

    その辺りから強奪とも、何でも欲しい欲しいの長嶋さんの補強病が始まりもーアンチになりました。1塁手や3塁手の強打者を被るのかまわずで、
    球界全体のバランスを考えない補強は呆れました。
    これからの若手の芽も摘んでいたこともありましたね

    ナベツネのカネ使うのは企業努力みたいなこと言ってたけど
    正力さんとかが築いた球団ですけとぉ
    あんた何もしてなくて受け継いだだけでしょ

    金足農業が大阪桐蔭より圧倒的に支持されたことから
    巨人がやってきたことが受け入れられないのはまぁ分かるでしょう😅

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP