ハーフのかわいい組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

当たり前といえば当たり前のことですが、日本人とのハーフでかわいい子を期待するのであれば、やはり王道を選択することが何よりでしょう。

一方で、こうした国々の方はよその国であっても目をつけられることがあったり、日本国内でも争奪戦になることが想定できるので、ライバルのいない時期にしっかりと勝負できるかどうかが、交際成功の鍵となりそうです。

 

彫りが深い

彫りが深いことも共通点で、中国や台湾とのハーフでも可愛い子はたくさんいますが、確率で考えるとやはり彫りが深い人である方がかわいい子は生まれやすく、日本人はのっぺりとした顔が特徴的なので、日本国内では彫りが深いだけでも希少価値効果が生まれます。

すると結果的に、周りからすれば彫りが深い子供が非常にかわいく見えたり、希少価値でどんどんと評価は上がりやすいため、周囲からかわいいと評価される子供になりやすいのです。

また、彫りが深い子供が生む子供(クォーター)にも、優性遺伝の関係でイケメン美人が生まれやすいことからも、彫りが浅い日本では彫りが深い子供の方がかわいいと評価されやすく、憧れの的となりやすいのです。

 

多種の遺伝子配合

様々な国との遺伝子である方がイケメン美人になりやすいことは、レバノンやウクライナが証明しており、世界的にも美人やイケメンが多いと言われる国の多くは、様々な人種の血が結合している割合が高いです。

これは日本で例えると非常に分かりやすく、日本人全員が様々な国の外国人との子孫を残すとすれば、間違いなくその子供たちはかわいい子になりやすく、これが中東やヨーロッパ系ばかりとなれば、彫りが深い子が多くなるのも当然想定できます。

日本でも、優木まおみさんは日本 ✖ 中国 ✖ ロシア人のクォーターであったり、大島優子さんは日本 ✖ アメリカ ✖ 日系韓国人のクォーターであるように、様々な国の血が混ざり合うことは、より優秀な遺伝子になれるきっかけとなります。

関連記事: ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

固定ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP