ラップが嫌いな人の意見|特徴や心理|アンチの本音14選

 

ラッパーな自分に酔ってる人

ラッパーな自分に酔ってる人とは、信者やラッパー気取りな人のことであり、こうした人は自分が有名ラッパーになったつもりで、ドヤ顔で特技を披露したりする姿勢が苦手で、「正直キモい」と思われる人です。

はっきり言い過ぎかもしれませんが、これはラップに興味がない人が本当に思う感情の1つで、間違ってもかっこいいなんて思うことはありません。

理由でも述べましたが、ラップが上手な人がかっこいいわけであって、ラップが下手な人がドヤ顔で特技を自慢したところで、興味がない人の心に響くわけもなく、凄い人であるとの評価になるわけでもないのです。

 

出る杭は打たれる日本


結局のところラップは自分の本音を歌詞に乗せ、多くの人に伝えようとすることから、タブーとされるような発言が多く見られたり、多くの人とは違う自分の意見を伝えることで、目立ってしまうのです。

すると結果的に、出る杭は打たれる日本では目立つ人は叩かれ、嫌われてしまうことによってラップ嫌いが加速し、苦手な人が増えていったとも考えられます。

また、見た目が強面であることも偏見を持たれやすい理由で、ラップを愛する上では偏見を持たれる覚悟が必要になるとも言えるでしょう。

ラッパーであっても素晴らしい活動をたくさんされている方もいますが、メディアでは大きく取り上げることはほとんどなく、むしろ薬物所持などのネガティブな報道が目立ってしまうことは、これから先もイメージが変わっていくことは難しいと考えるべきです。

関連記事:張り合う人の心理とは?その特徴や効果的な対処法について

関連記事:ライバル視の心理とは?する/されるの違いと対処法

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP