韓国日本ハーフの子供の魅力|芸能人・苦労/性格-生きづらい人へ

 

参考にしたい成功例


レペゼン地球のDJ社長

大人気ユーチューバーグループでありながらレペゼン地球を束ねるリーダーで、非常に面白い動画を作ることでも有名なDJ社長は、韓国とのハーフで悩む人にとって参考にすべき人物に挙げられます。

彼は北海道出身で母親が韓国人のハーフであり、なんと自ら韓国ハーフであることを暴露することで、むしろ周りを笑いに巻き込むような明るい性格が魅力的で、ハーフである自分を責めるような発言は一切見られません。

ツイッターでもハーフの真相を質問された際には、「韓国とのハーフよーん キムチマシソヨ〜」と回答するなど、周りを楽しませることで、常に明るく前向きな姿勢が多くの人に好かれる要素となっています。

どんな人でもそうですが、自分に自信がなくてネガティブ思考な人は、好かれにくい性格の持ち主であって、笑顔の回数が減ったり暗い顔をしてしまうことは、相手にとって「好意的に思われていない」と勘違いされる原因でもあります。

つまり、「韓国のハーフだから〇〇」と決めつけてネガティブ思考に陥ることは、自ら好かれない原因を作ってしまっているようなものなのです。

しっかりと明るく楽しい毎日を送ることができれば、人は楽しい場所に集まるという習性を持つことからも、ハーフであるコンプレックスを抱くことは、むしろ人が集まらない習性を作っているようなものなのです。

 

理想が高いハーフ


日本人にとってハーフはイケメン美人を連想させることから、何かと面倒や生きづらさを感じさせる要因となることもありますが、これは誰もが感じることであって、生きづらさを感じない人の方がこの世には少ないはずです。

もっとはっきり言ってしまえば、この世の中はイケメン美人ほど生きやすい世の中でありますし、ブサイクほど生きにくい世の中なのです。

これは心理学や科学的にも証明されていて、イケメン美人は様々な場面で得することが多く、高得点をつけられやすいことが分かっています。

人は誰しもコンプレックスを抱いていて、学歴や収入など他人と比べて自分の良い部分さえも見えなくなってしまうことは、世の中を生きづらく感じる原因そのものです。

だからこそ、ハーフで生きづらいと感じる人がいるとすれば、自分は他人と違うと比べてばかりではなくて、自分の良い部分をしっかりと見つめ直して、自分らしく楽しく生きることが必要となります。

他人の良い部分ばかりを見てしまう人は、自分の魅力さも見えない心理状況に陥りやすいので、今後気をつけるように心がけていきましょう。

関連記事:ハーフのかわいい組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

固定ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP