けみおの兄や両親の確かな情報5個|キス事件、疑惑などの過去まとめ

ちなみにけみお自身は歌手として尊敬するレディーガガを愛しており、来日の際には10分間のファンサービスにツーショット写真を撮るなど、自身の夢をまた一つ叶えたエピソードは非常に有名です。

あまりにも嬉しすぎたけみおは、このとき号泣することでメディアにも大きく取り上げられました。

 

俳優としてもデビュー

2015年には朝ドラ「まれ」にて俳優デビューを果たすけみおは、ここからどんどんと仕事が舞い込むようになったいき、知名度がグンと上がっていくことになります。

さらにNHK「高校講座、お悩み解決!ベーシック数学」や「王様のブランチ」にも出演することで、どんどんとユーチューバーとして売れるためのスキルを築き上げていくのです。

そして2016年9月には、エンターテイナーになりたいとの理由からLA留学を決意し、ここからユーチューブの再生回数が一気に上がっていくことになります。

LA留学にて外国人特有の雰囲気や間の取り方を覚えたけみおは、今ではユーチューバーとして簡単には真似できないセンスを持ち、個性的なユーチューバーとして多くの人から支持を得ています。

つまりけみおの勇気ある留学宣言は大正解であって、LA留学があったからこそ今のけみおが生まれたと言っても過言ではないほどなのです。

 

③家族構成と過去


けみおの両親について

けみおの両親は彼が2歳の時に亡くなっており、祖父母が愛情たっぷりに育ててくれた過去があります。

事故で亡くなったことを公表しているけみおですが、祖父母に育ててもらったことから家族への感謝の気持ちが強く、過去のツイートでも家族に対する愛情たっぷりのツイートが確認できます。

けみおが明るくポジティブな性格であるのも、育ててくれた祖父母に迷惑をかけたくないとか、祖父母を悲しませたくないなどの理由から、無理をしてでも明るい自分を演じているのでしょう。

ちなみに祖母の画像は流出しており、見た感じは全く普通の日本人であることが分かっています。

衝撃の過去を発言したけみおですが、この暴露によって同じような環境で育った子供が「自分も頑張ろうと思えた」などのツイートをたくさんしていて、けみおを尊敬する子供がたくさん増えたことが想定できます。

祖父母にとっては、けみおが健康で楽しく生きることが幸せに繋がることを考えると、祖父母のためにもいつも明るい笑顔を見せるけみおは、とても優しい性格であることもこうした背景から見えてきました。

 

✅母方の祖父母に育てられた

けみおは見た目通りにハーフであるわけですが、父親がイラン人とイタリア人のハーフ、母親が純日本人との間に生まれたきた子供で、その両親が2歳の時に他界しています。

そしてけみおを育ててくれた祖父母は見た目が日本人であることから、母方の祖父母に育てられたと考えるのが妥当であって、ハーフとして日本で育っていることもそう思える要因です。

祖父母ということは、自分の子供を立派な大人に育てた後に孫のけみおを立派な大人に育て上げたわけですから、経済的にも体力的にもかなり厳しいものがあったことでしょう。

子供一人を大学まで進学させるのに必要な資金は平均2000万とも言われているので、愛情深く立派な大人に育ててもらった祖父母には、感謝しきれないほどの愛情を持っているはずです。

実際に上記で紹介したツイートは、祖父母に対して感謝の気持ちが込められたツイートでしたが、このツイートはいい人を演じて作った発言と考えるよりかは、自分の本音を口にしていると考えるべきです。

これはおばあちゃんっ子あるあるでもあり、祖父母に育てられた人の多くは感謝の気持ちが強く、家族の愛情が強いことが特徴的でもあります。

 

けみおの兄について


2018年は兄とのコラボ動画が話題を呼び、顔がそっくりであることやイケメンである兄に対して、「クッソイケメン兄弟だ…」など、羨ましいとも取れるツイートが多く見られる時期がありました。

こちらが兄の顔となっていますが、お兄さんはけみおに比べてより顔が濃いことが特徴的で、ハーフと言われなければ日本人か分からないくらいに、外人特有の彫りの深い顔つきが魅力的です。

男兄弟であることもあってか、若き頃はかなり仲が悪かったエピソードも暴露していましたが、今ではこうした動画でコラボするほどの仲まで回復しており、犬猿の仲であったわけでは無さそうです。

ちなみに仲が悪かった理由の1つは、兄弟で性格が真逆であることが原因として考えられ、けみおは明るく積極的な性格であることに対して、兄は消極的でシャイな性格であったとけみお本人が発言しています。

兄の職業は、主に動画製作活動と音楽を中心に生計を立てており、けみおの動画編集も兄がしているのでは?との噂も立てられるほど、謎多き人物として知られています。

固定ページ:
1

2

3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP