底辺ユーチューバー一覧〜悲惨な収入と地獄のような再生回数まとめ

できる人はこの経験を生かして動画編集の副業をやってみるなど、経験を様々なことに生かすことができますが、そうした柔軟な考えができない人は世の中にはたくさんいます。

大物ユーチューバーでさえ多くの失敗を通して次へと生かしているわけですから、自分の経験を次に活かせないことは、負の連鎖を起こしてしまうことに繋がりかねません。

人生で賢く生きる人が得をする世の中だとも言われるように、やはり様々な経験を通して何事もプラスに持っていける人は、羨ましいと思われる人生を送れる人の共通点でもあるのです。

 

底辺生活から抜け出せない

そもそも底辺ユーチューバーは底辺生活をしている割合も高く、資金が豊富でないからこそ機材が買えなかったり有料のツールが使えない、またはパソコンやカメラを買えないわけです。

底辺ユーチューバーは見た目も声のトーンも低い人が多いと述べましたが、これは私生活が暗く明る未来を描けないからこそ、自然と仕草に出てしまっているのでしょう。

もちろん底辺ユーチューバー全てに当てはまるわけではありませんが、見たからにニートで余裕がなさそうに見える人は、実際に職についていない人も多いです。

また勘違いして欲しくないことは、当サイトで紹介したユーチューバーは例外である人を選んでいることであって、これから伸びる可能性のあると判断した人物のみを厳選紹介しています。

故に、ここで紹介した人が底辺生活であるわけではないことを、しっかりと頭に入れておいてください。

 

6.「まとめ」1%のみが裕福な世界


ユーチューバーは上位の1%のみが裕福な世界であると言われており、3%に入る人であっても年収が180万程度だったとの報告がドイツでされているほどです。

冷静に考えてみると、名前も知らないようなユーチューバーが溢れかえっている中でも、裕福でこの先も食べることに困らないだろうと判断できる人物は、それほど多くないと思いませんか?

それもそのはずであり、昔は人気があったユーチューバーでも今やオワコン状態となっている人は多く、30万や50万といった再生回数を叩き出していた人たちも、今では10万を切る再生回数であることも珍しくありません。

それほど生き残りの激しいユーチューブ業界だけに、趣味の範囲内や副業程度で楽しみながら投稿しているスタイルが、最もベストな選択なのかもしれません。

一生ユーチューブで食べていける人はほんのわずかな人数であり、限られた人しか生き残れない世界なのですから、雇われながら趣味の一環としてある程度の収入が期待できれば、より私生活は安定すること間違いなしです。

【底辺ユーチューバーで検索した人はこんな記事も読んでいます】

・ユーチューブのおすすめ動画100個|【筋トレゴルフなどジャンル別で紹介】

・ユーチューブの面白い人気動画100連発!【腹筋崩壊注意警報あり】

固定ページ:
1 2 3 4 5

6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP