【子供(ガキ)がうざい、うるさい】と思う人の意見|怒りの声12連発

「近所の子供がうざいわぁ」と思うことや、「ガキがうるさいんだよ!」と思うことは普通のことで、近年子供に対して内心「鬱陶しい」と思う書き込みが、ネットでも増えてる傾向にあります。

もちろん子供だからこそ、我慢を重ねている大人がいることは承知の上ですが、ここでは【子供(ガキ)がうざい、うるさい】と思う人の意見を、全て代弁する1ページとなっています。

また、実体験を文字にして紹介していくことで、子供に対して嫌悪感を抱く全ての人が共感し、スッキリできる記事となっています。

近年、子供が許せない大人が増えてる


近年、子供が許せないと思う大人が凄く増えていて、子持ちに対して厳しい世の中だとの表現がされるほど、子供が嫌いであったり子供がうざいと思う大人が増えています。

その本音はネットの書き込みへと姿を変えており、こうした背景には、子供の遊ぶ場所が限られてしまっていたり、マナーを重視する大人が増えてきたこと、躾を放棄する両親が増えてきたことなど、様々な理由が考えられます。

子供がいない人からすれば、「そうした考えをする多くは子供がいない人である」との考えをしがちですが、実はそうではない事実があることをまずは知っておくことで、子供が許せないことが当たり前であるとの捉え方もできることでしょう。

 

子持ちでも思う!子供はうざい存在だ!


自分が子供を授かった身であっても、子供に対して「鬱陶しいなこの子は」なんて思うことは頻繁で、あまり子供が好きでなくて子供を産んだ方や、子育てに精一杯で精神的に追い込まれている人ほど、こうした本音を隠し持っている率も高くなると言われています。

更に驚くべき部分は、「自分の子供に対してそうした本音を持っている」親がいることであって、他人の子供だけに抱く感情ではないということです。

つまり、子供がいない人にとっては身近な存在でも知り合いでもない子供に対して、「うざいやうるさい」と思うことは不思議なことではなくて、人間であれば誰もがふと思ってしまう、外には出せない本音であると言えるでしょう。

次の項目では、そうした本音を持つ方々に多く見られる意見を述べていくので、心の中に溜め込んだ鬱憤を解消していきましょう。

 

うざい、うるさいと思う人の意見


イライラする

まず一番多い意見は、子供がうざいとかうるさいといった嫌悪感を持っている人ほど、近くにいるだけでイライラしたり鬱陶しい存在だと感じてしまうことで、子供を見るだけでもストレスがたまる人は、典型的な子供嫌いであると言えます。

例えば、電車で近くに子供が乗って来るだけでも「うわぁ。最悪だ」と感じてしまうことや、「あーストレスの原因が来た」との本音を持つ人も、決して珍しくありません。

他にも、近所の子供の声がしただけでイラっとしたり、子供がはしゃぐ姿が我慢ができないほど鬱陶しいなど、子供の存在を近くに感じることでうざい感情が芽生える人は、なんらかの対処法が必要となるでしょう。

こうした時の対処としては、やはり自分がその場から遠ざかるのが一番であって、公共の場では迷惑をかけられていない限りは自分から離れ、家でも声が入らないように窓を閉めるなど、自分なりの対処法を知る必要が出てきます。

また、このタイプの人は子供を単体で捉えるわけではなく、一人の子供=全ての子供がうざいしうるさいとの捉え方をすることで、基本的に子供は受け付けない体となっている人が多いです。

 

奇声が迷惑そのもの

子供の奇声は大人にとっては耳が痛くなるほど迷惑で、マンションや団地で奇声をあげる子供がいるとすれば、子供に対してうざいやうるさいと思うことは普通のことです。

どれだけ子供好きな人であっても、奇声で私生活に支障をもたらされることはストレスとなりますし、多くの大人が我慢していることが現実となります。

公園や学校で奇声をあげる場合は、こちら側の我慢も必要であることは間違いありませんが、家の中や道路で奇声をあげて遊ばれることは、快適な私生活には繋がりません。

レストランでじっくり自分の時間を堪能したいと思っている人であっても、子供が奇声をあげることは迷惑そのものですし、美味しいはずの食事すらまずく感じさせてしまうため、子供に対して不愉快だと思ってしまう瞬間となります。

普通の声が聞こえてくるならまだしも、奇声はどうしても不愉快で鬱陶しい気持ちにさせてしまうのです。

 

常識がないから嫌い

子供だから常識がないのは仕方ないとの捉え方は、子持ちの人であればまだ理解できる部分もありますが、子供を持たない大人にとって子供は非常識の塊で、近づいても自分の身にリスクが増えてしまうだけです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP